映画『恋は雨上がりのように』感想・考察。女子高生と冴えないおっさんの恋愛!?!?

 

映画『恋は雨上がりのように』とは?

眉月じゅんによる人気漫画『恋は雨上がりのように』を小松菜奈、大泉洋主演で実写映画化。2018年5月25日公開された。
監督は「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」などの永井聡

無料トライアル期間中なら一切料金はかかりません。

 

スタッフ・キャスト

監督 – 永井聡
原作 – 眉月じゅん『恋は雨上がりのように』
脚本 – 坂口理子
音楽 – 伊藤ゴロー
参加アーティスト – の子 / mono(神聖かまってちゃん)、柴田隆浩(忘れらんねえよ)、澤部渡(スカート)
主題歌 – 鈴木瑛美子×亀田誠治「フロントメモリー」

橘あきら – 小松菜奈
近藤正己 – 大泉洋
喜屋武はるか – 清野菜名
加瀬亮介 – 磯村勇斗
吉澤タカシ – 葉山奨之
西田ユイ – 松本穂香
倉田みずき – 山本舞香
久保 – 濱田マリ
九条ちひろ – 戸次重幸
橘ともよ – 吉田羊
勇斗 – 懸田怜央
大塚 – 篠原篤

 

映画『恋は雨上がりのように』あらすじ

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちで、ずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。(公式ホームページ引用)

 

映画『恋は雨上がりのように』キャストについて

若手俳優の宝庫の気がする。
2018年5月に公開された作品ですが来年にこのメンバー揃えるのは難しいと思う。

小松菜奈、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香なかなか豪華
「今日俺」も「チアダン」も「この世界の片隅に」も放送前だもんね・・・。

とりあえず松本穂香ちゃんの髪型がかわいかった
「この世界の片隅に」と「意識高すぎ高杉君」のイメージが強いけどこういうギャルぽい最近の子役も似合うと発見!

 

映画『恋は雨上がりのように』感想・考察

女子高生とおっさんの恋愛という斬新な設定で面白かったです。
ラブコメ要素と青春映画的要素があって見応え十分でした。
ヒーロー役がおっさんということもあって若い人たちだけでなく老若男女楽しめる映画じゃないかな、と思います。

映像がめちゃくちゃ綺麗

映像がとにかく綺麗でした。

主人公のあきらの淡くて儚い青春時代をそのまま表現したような映像。
冒頭で音楽と共に走るあきらの姿も『青春!』って感じでよかったです。

映像だけでも見る価値のある映画だと思いました。

女子高生とおっさんの絆の物語

あきらはバイト先の店長である近藤に恋をしています。

主人公がおじさんのことを好きになって年齢差や周りの反対を押し切って結ばれるというストーリーを想像していましたが全く違いました。

女子高生とおっさんの恋愛ではなく、女子高生がおじさんに恋をして成長する物語といってもいいです。初恋みたいなものかな。
おじさんもおじさんで女子高生に恋されて女子高生と関わっていくうちに刺激を受けて自らの人生を考え直していく、というヒューマンドラマでもあると思います。

惚れた腫れたや恋人同士になって結ばれるだけの恋愛映画よりはるかに感動できた。
お互いを尊敬し合える関係って素敵だし貴重な存在だと思います。

 

さいごに

恋愛映画としても青春映画としても出来のいい映画だと個人的に思いました。

女子高生が冴えないおっさんのファミレス店長に恋をするというあり得ない設定ですが、あきらの店長に対する恋心は年上の男性に恋をしたことのある女子にはアルアルな件がいくつかあるので意外と共感できるかもしれないです
全く相手にしてもらえなかったり告白を本気にしてもらえないなどなかなかあるあるネタ。

ただ、イケメン×美少女のラブコメ青春映画の好きな人には向いてない映画かもしれません。
胸キュンシーンも特になかったし(胸キュンした人すみません)そういったラブコメストーリーを期待する人は同じ小松菜奈ちゃん主演の『黒崎くんの言いなりになんてならない』『近キョリ恋愛』の方がオススメです。