映画『散歩する侵略者』ネタバレあり感想・考察。概念を奪われる映画!こんな宇宙人見たことない。

 

気になってた『散歩する侵略者』やっと見ました。
めちゃくちゃ面白かったです。
個人的にかなり好きな部類の映画でした!

映画『散歩する侵略者』とは?

2017年9月9日に公開された日本映画。監督は『クリーピー 偽りの隣人』『岸辺の旅』などの黒沢清
第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品された。

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

監督 – 黒沢清
原案、原作 – 散歩する侵略者(劇団イキウメ。作・演出 前川知大)
脚本 – 田中幸子、黒沢清

加瀬鳴海 – 長澤まさみ
加瀬真治 – 松田龍平
天野 – 高杉真宙
立花あきら – 恒松祐里
明日美 – 前田敦子
丸尾 – 満島真之介
車田 – 児島一哉(アンジャッシュ)
鈴木 – 光石研
牧師 – 東出昌大
医者 – 小泉今日子
品川 – 笹野高史
桜井 – 長谷川博己

 

 

スポンサードサーチ

映画『散歩する侵略者』あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?

その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、
二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。

やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。

当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。(公式ホームページ引用

 

映画『散歩する侵略者』感想・考察

めちゃくちゃ面白かったです。
個人的に星5つはつけたいくらいに好きな作風

宇宙人が人間に寄生して侵略を狙っているという設定なのでSF系が好きな人にはオススメです。

以下ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

3人の宇宙人が人間に寄生

  • 加瀬真治(松田龍平)
  • 天野 (高杉真宙)
  • 立花あきら (恒松祐里)

の3人に宇宙人が寄生します。

この3人の演技がそれぞれ自然にうまくて物語に入り込めました。
特に松田龍平さんの無機質な感じが本当に寄生されてるかのようだった。元の加瀬真治がどんな人間だったのかは分からないのに「こんなの真治じゃない」と思わせれる演技力すごい。

宇宙人たちにも個性があって

真治は無機質
天野は賢さと無邪気さを兼ね備えている
立花あきらはとにかく幼い

それぞれこんなイメージです。

真治と天野は人間に危害は加えることはありませんでしたが、立花あきらは必要があれば躊躇なく人を殺すので怖かったです‥。

宇宙人は人間の概念を奪う

宇宙人は人類から『概念』を奪い、人間を理解して地球を侵略しようとします。
概念を奪われた人間はその概念の重要性によって人格がおかしくなったり意味不明な行動を取ったりと後遺症が残ります。

この『概念』を奪うという行為が斬新な設定だなーと思いました。

例えば「家族」という概念を奪うとその人から家族という概念が消えてします。そんな大切なものを取られたらと思うと身震いします。
作中でも「家族」という概念を鳴海(長澤まさみ)の妹の明日美(前田敦子)が取られてしまい、概念を取られた直後の明日美は家族である鳴海に対して態度が百八十度変わりました。

と、このように概念を奪うという行為はとにかく斬新で今までの宇宙人モノで見たことがないです。
宇宙人が人間に寄生という点では『寄生獣』と似ているな、とは思いましたが『概念を奪う行為』が全然違うところですね。

あと概念の重要さによって人間にとっては信じられないほどのダメージを受けることになります。
「家族」もそうだけど「常識」とか「生活」とか取られちゃったら気が狂いそう。
そう考えるとその概念を奪う技だけで人類侵略できる気がしますが‥。

あと概念は人によって違うので同じ概念のジャンルでも奪う人によって全く違う答えが出ると思う。
明日美は『家族』に対していい概念を持っていたのでいいけど家族を恨んでいる人の概念を奪ったら人類は宇宙人にとんでもない誤解をされることになりますね。

鳴海と真治の夫婦関係

鳴海と真治の夫婦関係は本作の1番の見どころであったと思う。

設定的に『身体は真治で意識は完全に寄生している宇宙人』という訳ではないみたいです。

作中で言及されていたのは
「前と少し違うかもしれない。でも真治はこうなることもできた」
「俺の本来の姿は君らの目には見れない。でも真治の頭の中に入って真治と共存すればこうやってちゃんと話すことができるんだ。いや、共存っていうのはちょっとよく言いすぎたかな。元の真治には今眠ってもらってる。その代わりに俺が彼の記憶や知識を引き継いで新しい加瀬真治になったんだよ。」
ということ。

つまり真治には脳の奥深くで眠ってもらっていて前に宇宙人が出て来ているという感じかな?
共存とまではいかなくとも完全に真治がいなくなったという訳ではないようで、記憶もところどころ残ってる感じでした。

この真治もどきの宇宙人か宇宙人もどきの真治かわからない人物と鳴海の夫婦関係は奇妙で面白かったです。

真治は宇宙人に寄生される前は会社の女性と旅行に行くなど浮気をしていたようです。
それは鳴海に対する裏切りであり、夫婦間もうまくいっていなかった様子。

そんな夫婦の関係は真治が宇宙人に寄生される事である意味よくなったのではないかと思いました。
概念のなくなった真治は浮気をしないわけだし‥。

最初のうちの鳴海はおかしくなってしまった真治をめんどくさく思っているように見えましたが
徐々に「私はしんちゃんのガイドでしょ」と宇宙人に乗っ取られた真治とうまく関係を築いていて、結果的には宇宙人に寄生された事でこの2人の関係はよくなったと思います。

『愛』という概念

最後に真治は鳴海から『愛』という概念を奪います。

このおかげで地球は侵略されずに済んだんじゃないかな、と思いました。

『愛』の概念を奪われた鳴海は「本当に奪ったの?別にどうってことない。変なの」と言っていましたが、明らかに心を失ったように見えました。
一方、真治は『愛』の概念を手に入れると衝撃を得たような表情でした。

真治は愛を手に入れた後に見た景色を「全て違って見える」と言うほどで、愛という概念は絶大な力を持つものでした。
その『愛』を手に入れたことで真治は地球を侵略するのをやめさせたのではないかと思いました。

  1. 人類は『愛』という素晴らしい概念を持っているということを知ったこと。
  2. 大切な存在が地球にいること。

この2つが地球を侵略するのをやめた大きな理由なのではないかと。

同時にその壮大な『愛』の概念を持っていた鳴海が地球を救ったことにもなる。
概念を奪われるということは、その概念を持っていないといけないわけで鳴海は真治を驚かせるほどまでの『愛』の概念を持っていた。
それは夫に浮気された直後の彼女にはなかった概念で、宇宙人に寄生された真治と過ごしたことで生まれた概念であるとも思います。

なので地球を救ったのは真治と鳴海でありますね。
そう考えると映画『散歩する侵略者』なかなかロマンチックな映画だと思いました。

シュールなギャグ

笑わす意図がなくとも設定が不思議すぎてシュールな笑いが生まれるシーンがいくつかありました。

真治「それじゃ理解が深まらない」
鳴海「何の?」
真治「人類の」
鳴海「はあ?まずは自分のことを理解したら」
真治「加瀬真治を?」

ジワジワ来ました。
確かに彼にとっては加瀬真治は客観的な存在ではあるけど今は加瀬真治の姿なのでシュールすぎて。

丸尾「おじさん。名前は?」
真治「しんちゃん」

など。他にも笑ってしまったシーンはいくつかありました。
どれもジワジワくるといった感じで笑えておもしろかったです。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

設定とシナリオが斬新でかなり私好みで面白かったです。
役者の皆さんの演技も自然で物語に入り込めました。
演出・演技・シナリオ、個人的にパーフェクトでした。
久々に星5つつけたいほどの映画を見た。

ただ哲学的要素があるのでそういった話が好きでない人が見れば面白くないと思います。