映画『生きてるだけで、愛。』ネタバレあり感想・考察。趣里の体当たり演技とかっこよすぎる菅田将暉。

 

 

以前から気になってた『生きてるだけで、愛。』見て来ました!
とりあえず主演の趣里さんの体当たり演技に震えた。

 

ミニシアターに分類されるらしく(王様のブランチを見る限り)、大衆向けの娯楽映画とは違った良さがある映画だと思います。

 

映画『生きてるだけで、愛。』とは?

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』などの本谷有希子の小説『生きてるだけで、愛。』を趣里、菅田将暉で実写映画化。
映像ディレクターの関根光才が初監督を務める。2018年11月9日に公開された。

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

監督 – 関根光才
原作 – 本谷有希子『生きてるだけで、愛。』
脚本 – 関根光才
音楽 – 世武裕子
主題歌- 「1/5000」世武裕子

寧子 – 趣里
津奈木 – 菅田将暉
村田 – 田中哲司
真紀 – 西田尚美
磯山 – 松重豊
美里 – 石橋静河
莉奈 – 織田梨沙
安堂 – 仲里依紗

 

 

スポンサードサーチ

あらすじ

同棲して三年になる寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)。もともとメンタルに問題を抱えていた寧子は鬱状態に入り、バイトも満足に続かない。おまけに過眠症のため、家にいても家事ひとつするわけでなく、敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。姉との電話やメールでのやり取りだけが世間との唯一のつながりだった。

一方の津奈木も、文学に夢を抱いて出版社に入ったものの、週刊誌の編集部でゴシップ記事の執筆に甘んじる日々。仕事にやり甲斐を感じることもできず、職場での人間関係にも期待しなくなっていた。それでも毎日会社に通い、家から出ることもほとんどない寧子のためにお弁当を買って帰る。

津奈木は寧子がどんなに理不尽な感情をぶつけても静かにやり過ごし、怒りもしなければ喧嘩にすらならない。それは優しさであるかに見えて、何事にも正面から向き合うことを避けているような態度がむしろ寧子を苛立たせるが、お互いに自分の思いを言葉にして相手に伝える術は持っていなかった。

ある日、いつものように寧子が一人で寝ていると、部屋に安堂(仲里依紗)が訪ねてくる。かつて津奈木とつき合っていた安堂は彼に未練を残しており、寧子と別れさせて彼を取り戻したいと言う。まるで納得のいかない話ではあったが、寧子が津奈木から離れても生きていけるように、なぜか安堂は寧子の社会復帰と自立を手助けすることに。こうして寧子は安堂の紹介で半ば強制的にカフェバーのバイトを始めることになるが…。(公式ホームページから)

 

映画『生きてるだけで、愛。』主題歌のアーティストは誰?

本作の魅力の一つである音楽を担当しているのが世武裕子さん。

主題歌の「1/5000」だけではなく、劇中音楽も担当している世武さん。
ドラマ『好きな人がいること』や、映画『ストロボエッジ』・『リバーズ・エッジ』・『ママレード・ボーイ』・『羊と鋼の森』などの音楽も担当されています。

 

 

スポンサードサーチ

映画『生きてるだけで、愛。』の気になるキャスト

言わずと知れた趣里さんと菅田将暉さん主演映画ですが、敢えて意見させてもらいます。
ちなみに原作未読なのでイメージがうんたらは言いません。

寧子 – 趣里

1990年9月21日生まれ
身長 158 cm
所属事務所はトップコート。
父は水谷豊、母は伊藤蘭。

小さい頃からバレエをやっていたと聞いて納得。
スタイルがバレエやってた人の体型している。
『ブラックペアン』や『リバース』に出演していたようですが、私が意識して見だしたのは『僕とシッポと神楽坂』とつい最近。

趣里さんのことはよく知らなかったのですが、この映画の体当たり演技には心動かされました。
感情のコントロールがうまくできない寧子は難しい役柄だと思いますが、時には共感できて時にはイラつく寧子を見事に演じてくれた趣里さんには拍手を送りたいです。

津奈木 – 菅田将暉

1993年2月21日生まれ
身長 176 cm
所属事務所はトップコート。
最近は歌手としても活躍している。

言わずと知れた菅田将暉さん。
イケメン俳優として人気ですが、私はあんまりイケメンと思ったことないです。
ですが演技力は素晴らしすぎてカメレオン俳優という異名がピッタリでもある。

この映画の菅田将暉さんはかっこよすぎて、個人的に菅田将暉史上最高に胸キュンした。
「となりの怪物くん」「溺れるナイフ」などの胸キュン恋愛映画越したと思ってます。

 

映画『生きてるだけで、愛。』感想・考察

原作小説は『恋愛小説らしくない恋愛小説』で、深い読後感が得られると絶賛されていたようですが、
映画も『恋愛映画らしくない恋愛映画』であったと思います。

主人公の寧子と津奈木の関係は『恋愛』という言葉では表せられないと思う。
恋人であるけど、恋や愛などという甘ったれた言葉では表現できない絆があると思えた。

以下、全文ネタバレを含みますので映画本編をまだ見てない方はご注意ください。

共感できないけど共感できる主人公

趣里さん演じる主人公、寧子が躁鬱病で過眠症ということで全ての人が共感、感情移入できる映画ではないと思います。

きっと理解できない行動やイライラする場面もあると思いますが、現代のストレスにまみれる社会人が見れば所々で寧子の気持ちがわかる部分があるんじゃないかと思う。

「生きてるだけで疲れる」
「津奈木は私と別れられていいな。私は私と別れられないんだよね」

などのセリフはまるで私の気持ちを代弁してくれてるかのように理解できて共感できた

津奈木の存在

寧子の『私は私と別れられない』というセリフは
寧子も『自分自身と別れたい、自分に嫌気がさしている、自分が嫌い。』
と言う意味合いだと解釈したのですがそれってどうしようもなく悲しいことだと思います。

気持ちのコントロールが出来ない、朝起きられない、誰にも理解してもらえない病気で健常者の皆さんから見れば「甘え」で済まされるような症状。
きっと苦しいだろうし誰からも理解されない孤独感や不安もあったはず。
『自分自身と別れたいけど別れられない』と思わせてしまうほどの苦しみと悲しみを味わってたわけですね。

ただ、そんな寧子には救いの存在があったと思います。
それが同棲中の彼氏の津奈木くん。

ラストで津奈木が寧子へ「もっと分かりたかった」と言ったシーンでは救われた気がしたし、なんて美しい関係なんだと思いました。
この二人は恋愛という言葉だけでは表せない恋人以上の関係であると思えました。

津奈木の人間性

何故、津奈木が寧子と一緒にいるか不思議でなりませんでしたが、終盤で津奈木が寧子を好きになった理由が描かれています。

その理由は共感できなかったけどとてもロマンティックでした。
直感と感覚で感情が動いていて、まさしく運命の恋でもあると思う。

最初はそういう突発的な感情で動いた津奈木ですが、三年間寧子と一緒に暮らして彼女を理解しようとする姿勢は恋より大きい愛であると思えました。

それにしても津奈木さんの器の大きさがすごすぎて私もこんな彼氏欲しい。

寧子に怒鳴られ八つ当たりされても、やり過ごし(それが寧子にとってはイラついていた様子だけど)
仕事で疲れていても毎日ニートで引きこもりの寧子へお弁当を買って帰る。なんと理想の彼氏‥。

物語では津奈木の仕事のストレスのことも書かれていて職場環境は最悪。ゴシップ雑誌の編集者ということもありメンタルにくるものもあるでしょうし、職場の人間関係もとてもいいものと言えませんでした。
「え、津奈木くんがうつ病になっちゃうんじゃないの。入院してる先輩が鬱の奥さんの看病で自分が鬱になったってフラグなんじゃないの?」と思えるほどで、寧子との関係も次第に悪化していきます。

疲れて寝たいのに一方的に話し続ける寧子に、普段は怒らない津奈木がトイレのドアを殴ったりと険悪なムードへ。
正直、もう終わりかと思いました。
しかし寧子がバイト先のカフェバーでトラブルに遭いパニックに陥って津奈木へ電話をかけます。
津奈木は「その話今じゃなきゃダメ?」と最初は面倒そうでしたが、寧子の様子でただごとでないと察し「今どこ?」と。

このシーン。最高だった。かっこよすぎた。
険悪ムードと見せかけて寧子のピンチに駆けつけてくれる津奈木。
ほんとに王子様としか思えなかった。

もう一度言う。私もこんな彼氏欲しい。

安堂さんについて

この作品で謎が多かったのが安堂さん。

安堂は津奈木の元カノで津奈木に未練があるため、寧子を津奈木と別れさせるためになぜか寧子の自立を手助けすることになる。というのが面白すぎてなりませんでした。
安堂さんは作中では恐ろしくて怖くて、寧子に対してひどい物言い。
寧子の「私より症状ひどいんじゃないんですか?」という言葉が当てはまるほど精神状態を疑う気性の激しい女性でした。

そんな安堂さん、敵である寧子の自立と社会復帰を助けていることに気づいているんでしょうか。
恋をすると周りが見えなくなってしまう性格なんですかね。

津奈木の家から寧子を追い出したいがため、津奈木から離れて自立できるように寧子にバイト先を紹介。ここまではまあ百歩譲ってわかる。
ですが毎日のように監視しに来ているのが不思議でした。

「こっちは汗水たらして働いてる。無職で恥ずかしくないのか」と寧子を罵っていましたが、とても忙しく働いているようには見えなかった。
本当に何者なのかが不思議な存在でした。

映像・音楽が綺麗

前述した世武裕子さんの音楽がいいのはもちろん、本作では映像がとにかく綺麗だった。

  • 服を一枚一枚脱ぎなら夜道を走る寧子とそれを追いかける津奈木
  • 寧子と津奈木がアパートで抱き合うシーン
  • 寧子と津奈木の出会い

などとても綺麗で、淡さや儚さを感じられます。
この映画の世界観はとても好きでした。

趣里さんのヌード

趣里さんのヌードについてですが、濡れ場やベッドシーンではなくただ単に全裸になるというヌードシーン。

主人公寧子は全身の毛を全て刈りたくなる衝動にかられるなど変わった行動が多いです。
この全裸シーンも鬱から躁になった瞬間に何かが弾けたように一枚一枚服を脱ぎながら街を走り回るというものでした。

最後にはアパートの屋上で全裸のまま津奈木と対話するというシーンもありますが私には官能的というよりも芸術的に見えた。

この全裸シーンを水谷豊が怒っていると聞いて複雑。めちゃくちゃいいシーンだったのですが娘の全裸は絶対に許せないと思うのが親心というものですよね‥。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

最近、映画館に見に行った映画で1番よかった。
主人公の寧子は感情移入できない上に理解できない行動が多いので賛否分かれそうですが、私はこの映画好きです。
そして自分史上誌に残る映画になりそう。

脚本・映像・音楽・演技全てよかったです。

まずは菅田将暉さんが好きな人には絶対おすすめだし、少しでも「生きてるだけで疲れる」と思ったことがある人には是非この映画は見て欲しい。