映画【響 -HIBIKI-】を見た感想と考察。「文句があるなら私にどうぞ」もはや平手友梨奈のアクション映画!

 

好評だったので映画響 -HIBIKI-見に行きました。

 

主演の欅坂46平手友梨奈さんは本作が女優としての初出演と聞いていたし、主題歌も平手友梨奈さんのもので「アイドル映画か〜」と思ってそんなに期待はしてなかったんですが、好評の理由がわかりました!

 

とても面白かったです。

 

今回は映画響 -HIBIKI-の感想と考察を書いていきます。

 

全文ネタバレを含みますので、本編未視聴の方は注意してください。

 

 

 

スポンサードサーチ

映画【響 -HIBIKI-】とは

2018年9月14日に公開された日本映画。
原作は柳本光晴の漫画「響 〜小説家になる方法〜」

欅坂46の平手友梨奈が初映画出演で主演を務めたことで話題に。
北川景子、小栗旬、柳楽優弥など豪華俳優が脇を固めた。
監督は『君の膵臓をたべたい』『黒崎くんの言いなりになんてならない』『となりの怪物くん』などの月川翔監督

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 柳本光晴「響 〜小説家になる方法〜」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)
監督 – 月川翔
脚本 – 西田征史
主題歌 -平手友梨奈「角を曲がる」

キャスト
鮎喰響 – 平手友梨奈(欅坂46)
祖父江凛夏 – アヤカ・ウィルソン
神田正則 – 高嶋政伸
田中康平 – 柳楽優弥
鬼島仁 – 北村有起哉
矢野浩明 – 野間口徹
藤野弘 – 小松和重
大坪正人 – 黒田大輔
椿涼太郎 – 板垣瑞生
祖父江秋人 – 吉田栄作
山本春平 – 小栗旬
花井ふみ – 北川景子

 

 

 

スポンサードサーチ

【響 -HIBIKI-】のあらすじ

出版不況に苦しむ文芸業界。現状の厳しさを嘆く文芸雑誌「木蓮」編集部に、応募要項を一切無視した新人賞応募作が届く。破棄されるはずだったその作品に一人の編集者が目をとめたことから、世界は変わり始める。(ウィキペディア引用)

 

スポンサードサーチ

【響 -HIBIKI-】の感想と考察

まず、わたしは響信者にはなれませんでした。

それは彼女の小説を読んでないからなのかもしれないですけど、いくら小説が面白いからと言って暴力を肯定する気にはなれない。

 

小説家として圧倒的な才能を持つ鮎喰響は、自分をまっすぐで曲げない性格。

だが行きすぎた面もあり、度々暴力を振るうこともある。

確かに正しいことを言ってることもあるし、口でいくら言っても通じない相手を成敗してると思えばスッキリはできるんですけど、殴って解決!って言うのはちょっと‥。

祖父江家の書斎に勝手に入りふみに注意されて暴力振るったりにはちょっと引いた。
ちょいちょい意味不明なことでキレるのが怖かったです。こういう人が短かにいたら距離取りたいレベル。

跳び蹴りくらいならいいけど、椅子で後ろから殴りかかるとかはかなり怖かったです。

 

しかも暴力を振るった相手が次々と響信者になっていくのも気持ち悪かった。

特に柳楽優弥演じる田中康平が響を許したことにはびっくり。
いくら小説が面白かったからってわたしは大勢の前で椅子で殴られたら流石に許せない。

田中康平も響を挑発したり火のある部分もめちゃくちゃあったけど、だからと言って暴力はダメでしょ。

 

でもやっぱ響かっこいい

ただ唯一、響やるじゃん、と思ったのが
アヤカ・ウィルソン演じる祖父江凛夏が大物小説家の鬼島仁にバカにされているときに飛び蹴り食らわしたシーン。

あれは手出してくれてスッキリしたし、かっこよかった

 

「パパの力でデビューできてよかったね」くらいならまだ我慢できるけど

「小説書くより援交の方が向いてる」とか下品な煽りされたら手も出したくなるわ‥。

でも凛夏は何言われても我慢してて、偉いなとも思ったシーンでもある。

 

我慢することや耐えることこそ大人で知性のある行為だと思うので、響のようにすぐに暴力で解決しようとする行為は苦手。

 

言葉で何を言っても通じない人間へ響が暴力を振るって改心させる、成敗する、と思えば楽しめる話ではあります。

 

鬼島が底辺の底辺でなくて安心。

凛夏をいじめて響に飛び蹴り食らわされた鬼島ですが、響の小説はきちんと評価していました。

 

「こいつは人間的に嫌いだから小説は読まない」
「どれだけ面白くても嫌いだから評価落とそう」
などカスみたいな考えでなくて安心しました

 

以前は天才小説家と呼ばれていたが、今は駄作しか書いていない鬼島仁。
今はテレビのワイドショーなどの評論家や、面白くない小説を惰性で書いて生活している模様。

そんな終わった小説家の鬼島先生ですが、若い才能を無駄にせず、きちんと作品を評価する姿勢はまだ「作家」として死んでないと思いました。
人間として終わってなくてよかった!

 

誰もが絶賛する小説とは?

正直、登場人物たちがこぞって響の書いた小説を絶賛していたことにはげんなりしました。

誰もが絶賛して、面白いと思えるような小説なんて存在しないと思うんですよね。
価値観なんて人それぞれだし、わたしが面白いと感じた作品でも皆さんは駄作と感じることもあると思います。

 

なので響の小説を読んで誰もが絶賛しているのを見て違和感しかなかったし、そんな傑作は存在しないとも思ってます。

ですがそこは映画。そんな圧倒的な天才がいないと成り立たないストーリーなのでそこにケチつけたら終わりなんですけどね。

 

「ちゃんと読んでから判断しなさい」
「わたしはまだ傑作を書いていない」
などの発言から響は自分自身を天才と思っていないし、どこまでも自分を曲げない。そういうところはかっこいいと思ってます。

暴力行為さえなければね。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

評価 ★★★★⭐︎(星5つ中4つ)

以上、『鮎喰響』には共感できない部分が多いですが、自分の意見を曲げないところは素直にかっこいいし、「ちゃんと読んでから判断しなさい」「わたしはまだ傑作を書いていない」などの台詞には感動しました。

わたしも小説は大好きだし、文芸界の衰えには日々ビクついているので、主人公がぶっ飛んでいるところを抜きにすればめちゃくちゃ面白かったです。

暴力行為は肯定できないし、人としてどうかととも思うけど、前述した通り【言葉で何を言っても通じない人間】へ響が暴力を振るって改心させる、いわば成敗すると思えば楽しめる話だと思います。

 

それにしても誰もが絶賛する小説読んでみたい。