映画『50回目のファースト・キス』感想と考察。笑えて感動できるラブストーリー!弟役の太賀がツボすぎる!

 

福田雄一さん脚本・演出を手がけたラブストーリーと聞いて
見たかった『50回目のファースト・キス』やっとレンタル出てたので見ました!

アメリカ映画のリメイクですが、ラブストーリーなのに笑えるってさすが福田監督でした。

そして感動ラブストーリーでもあるので、「笑って泣ける恋愛映画」でもあります。まあ私は泣いてないけど、泣けると言われているらしいです。
泣くまでではないですが心温まる結末に、感極まることは間違いないので未視聴の方はぜひレンタルして見てください。そしてその後この記事読みに来てください。

映画『50回目のファースト・キス』とは?

2004年にアメリカ合衆国で公開された『50回目のファースト・キス』を日本でリメイク。
2018年6月1日に公開された映画。監督・脚本は福田雄一。

アマゾン U-NEXT TUTAYA

 

スッタフ・キャスト

原案:『50回目のファースト・キス』(監督:ピーター・シーガル / 脚本:ジョージ・ウィング)
監督・脚本:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:平井堅「トドカナイカラ」

弓削大輔: 山田孝之
藤島瑠衣: 長澤まさみ
ウーラ山崎: ムロツヨシ
味方和彦: 勝矢
藤島慎太郎: 太賀
高頭すみれ: 山崎紘菜
名取医師: 大和田伸也
藤島健太: 佐藤二朗
スー:Myhraliza G.Aala
ニック:Blake “Brutus” La Benz

あらすじ

ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、
カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。
しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。
実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。
彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。
事情を知った大輔は、毎日、自分を覚えていない彼女に一途に愛を告白し続ける。
瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。
大輔の機転と努力により結ばれた二人だが、
大輔の本当の夢を知った時、瑠衣はある行動に出るー(公式ホームページ引用)

 

『50回目のファースト・キス』感想・考察

笑いあり、感動ありの映画で面白かったです。
「笑って泣ける」という言葉がぴったりな作品だと思います。泣いてないけど。

福田監督が脚本・演出を手がけたラブストーリーということで非常に楽しみにしていたのですが、ラブストーリーとコメディとの割合が絶妙でちょうどよくて、まさに感動あり・笑いありの作品でした。

では、気になった点など踏まえて『50回目のファースト・キス』の感想・考察を書いていきます。

以下全文ネタバレしかしていませんので映画本編未視聴の方はご注意ください。

記憶が1日で消えてしまうヒロイン

ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ大輔(山田孝之)と新しい記憶は1日で消えてしまうという記憶障害を負っている瑠衣(長澤まさみ)が恋に落ちるという物語。
1日で自分のことを忘れてしまう女性と恋愛って、なかなかしんどいし理解できませんがそれをやってのけた大輔は素晴らしいし感動しました。

ただ、大輔がそこまで瑠衣を好きになった理由が全くわかりません。
初日にちょこっと話しただけで何故あそこまでのめり込めたのかが謎。好きなのって絶対見た目ですよね。

プレイボーイの大輔が惚れこむ相手なのだから何かすごいエピソードかと思いきや、そこら辺の描写は薄かったイメージ。
親公認の恋人同士になってからの「自分の夢か彼女を取るか」の葛藤は理解できるけどね。
言い方が悪いけど面倒な相手を毎日口説きに行くほど好きになった理由がイマイチでした。それほど見た目がタイプだったのかな。

瑠衣も瑠衣で毎朝目覚めてからビデオを見せられて事故のことを知らされて「あなたは結婚していて子供がいます」と説明を受けて1日を始めるわけですよね。
明日起きて私がそんな状態になっていたらどうだろう。
なかなか受けいられないしその人がどんな人なのか分からないわけなので戸惑いますよね。
彼を選んだ過去の自分たち(1日置きに生まれ変わるので複数形にしました)を信じるしかないというのがしんどい。

ここでも思ったことが、瑠衣も大輔の顔と見た目がタイプだということですね。

私が明日瑠衣と同じ状況になったと仮定する。ビデオで「この男があなたの旦那です」と説明されて1番すんなり受け入られるのは『相手が自分のタイプ』であること。
初対面のシーンを見ると瑠衣も大輔と別れた後、はしゃいで「今まで会った日本人の中で1番素敵」などと言っていたし見た目がタイプなのは間違いないですね。
後半は夢に大輔が出てくるなようになり受け入れるのも楽になっただろうけど全ては見た目がタイプだということが前提。

『見た目が好き』という薄っぺらい感情で始まった恋でしたが、恋に理由やきっかけは関係ない。
24時間しか記憶が持たず毎日がリセットされる彼女と一生添い遂げる決意は生半可な覚悟では出来ないはず。
瑠衣も新しい記憶は24時間で消えてしまうにも関わらず、夢に大輔が出てくるという。なんという奇跡。
それほどまでに強く惹かれ合う二人って素敵ですよね。

ヒロインが病気ということでお涙頂戴モノになりそうな題材ですがコメディー要素のおかげで程よい感動を楽しめました。

笑って泣けるラブストーリー

脚本を読む度に、こんなに笑って、こんなに泣いたのは初めてではないだろうか。ラブストーリーとして素晴らしく感動的で、コメディとして素晴らしく面白い。その素晴らしい脚本をキャスト、スタッフが心の底から愛していて、きっとその全てを映像に収めることができた。完成作を見たときも涙が止まらないことが想像できる。そして劇場を後にする際、我々は思うだろう。「福田雄一に泣かされたことが少し納得いかない」と。

山田孝之さんは映画公開前にこうコメントしています。
まずコメントが面白いけど‥!

ラブストーリーとして素晴らしく感動的で、コメディとして素晴らしく面白い。
本当にその通りで、笑えて、感動できる素晴らしい映画でした。

安定の福田組「ムロツヨシ」「佐藤二朗」

福田雄一監督の作品によく出演し「福田組」と言われているムロツヨシと佐藤二朗。安定に出演していました。
相変わらず双方とも演技の幅が広い。

本作では瑠衣(長澤まさみ)の父親役の佐藤二朗さんの演技が光ってましたね。
コメディと真面目なシーンの差が素晴らしすぎた。

瑠衣の弟役の太賀さん

瑠衣の弟慎太郎役の太賀さんがツボすぎました。
太賀さんもお笑いと真面目なシーンの差はすごかったです。しかしこの弟さんの場合はお笑いと真面目の割合が9対1くらいなんだけど‥。

まず何が面白いかって、筋肉キャラでゲイってところですね。
お姉ちゃんの瑠衣を好きな大輔のことをタイプだということでアタックするところが面白すぎました。

特に面白かったのが大輔がハワイから旅立とうとするときに大輔宛の選別をくれ、と言うところですかね。
「お前だと思って眺めとく」と言いながらキスを迫るところには爆笑した。大輔避けようと必死でしたね。

ちなみに私が初めて太賀さんを知ったのってドラマ「ゆとりですがなにか」の岡田将生さんの部下役です。
あの時は「なんだこのむかつく部下」と思っていたのですが、その後「桐島、部活やめるってよ」に出ていたことに知り「闇金ウシジマくん the Final」「追憶」「仰げば尊し」「今日から俺は!!」などで脇を固める演技力に脱帽しているこの頃。

 

まとめ

ラブストーリーなのに重くなりすぎずコメディも楽しめて面白かったです。
ハワイの風景も綺麗だし。

ヒロインの瑠衣が記憶障害を持っている特殊なラブストーリーということで、泣くほどではないけど感動しました。

1日で事故以降の新しい記憶を失くしてしまい、毎日同じ日を繰り返している。
まず、瑠衣とその家族のことを思うと、本当に大輔が現れてくれてよかった‥!

「永遠に同じ日を繰り返す」ってかなり辛いことだと思います。
最初のうちは誤魔化せても、徐々に鏡に映る自分が老けていくんだよ。
明日起きて鏡を見たら10年歳を取った姿の自分があって、家族から「事故にあって記憶が1日しか持たず10年経ったよー」と言われたらぞっとする。
そしてその絶望を毎日繰り返す。更にぞっとする。

そんな瑠衣の病気を受け入れて一緒に生きていくことを選んだ大輔のことは尊敬します。
瑠衣は大輔のおかげで時を進めることができて、その上幸せも手に入れた。とても救われたと思う。
そしてこのハッピーエンドには感動。
正直、難しい恋愛なので離別エンドかと思ってました。
結婚して子供までできるなんて。

と、感動作には間違いない作品だと思いました。
やっぱり福田監督最高。