映画【スマホを落としただけなのに】ネタバレあり感想・考察。犯人役の演技に圧巻。現代ホラーと言える恐怖。

 

スマホを落としただけなのに見てきましたー。

ジャパニーズホラーの代表として知られる中田秀夫監督がメガホンを取ると聞いて、ホラー的要素が強いのかと思いきや霊的に怖いシーンは特になかったです。
ですが今や誰もが持っている『スマホ』を巡って起こりうる恐怖は、現代ホラーといえる怖さ。
いつ自分の身に起きてもおかしくない出来事が描かれていて正直幽霊より怖いかもww

映画を見終えた後は何度もスマホを落としてないか確認したりスマホのロックのパスワードを変えたくなったりと、スマホについて見直すいい機会になりました。笑

【スマホを落としただけなのに】とは

志駕晃による小説『スマホを落としただけなのに』を映画化。
2018年11月2日に公開された。
監督は「リング」や「クロユリ団地」「MONSTERZ モンスターズ」などの中田秀夫。
原作の『スマホを落としただけなのに』は2016年第15回『このミステリーがすごい!』大賞で、最終候補に残るも落選。しかし、隠し玉(編集部推薦)として、加筆修正を加えた後に2017年4月に宝島社文庫より刊行された。

 

スッタフ・キャスト

原作 – 志駕晃『スマホを落としただけなのに』
監督 – 中田秀夫
脚本 – 大石哲也
音楽 – 大間々昴、兼松衆
主題歌 – ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」(UNIVERSAL SIGMA)

稲葉麻美 – 北川景子
加賀谷学 – 千葉雄大
小柳守 – バカリズム
武井雄哉 – 要潤
杉本加奈子 – 高橋メアリージュン
大野俊也 – 酒井健太(アルコ&ピース)
天城千尋 – 筧美和子
毒島徹 – 原田泰造(ネプチューン)
浦野善治 – 成田凌
富田誠 – 田中圭

 

あらすじ

彼氏の富田(田中圭)に電話をかけた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。

身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。落としたスマホから個人情報が流出したのか?
ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。

時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。
スマホを拾ったのは誰だったのか。

連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。
そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?(公式ホームページ引用)

【スマホを落としただけなのに】感想・考察

「リング」や「クロユリ団地」の監督と聞いていたのでホラー要素が強いのかと思ってましたが、全くそういったホラー要素のないミステリー映画です。
ただ、霊的怖さはなくとも現代ならではの日常に潜む恐怖が描かれていてリアルな怖さを感じました。

テンポもよくて常にハラハラドキドキ出来るし、犯人が分かった後も主人公麻美の過去についてなど二重の種明かしを楽しめて面白い映画でした。

以下、全文ネタバレを含みますので未視聴の方は注意してください。
※普通に犯人の名前も出してるので要注意!

リアルな恐怖

リアルな怖さで誰にでもありうる出来事が描かれている映画。

物語は主人公麻美(北川景子)の彼氏富田くん(田中圭)がスマホを落としたことがきっかけで始まります。

スマホにはパスワードやロックをかけているから安心だと思っていましたが
実は簡単に解除可能で、SNSのアカウントも簡単に乗っ取られちゃったり、クレジットカードの情報も簡単に取られちゃったりと、スマホを落とすとこれだけの危険が迫る可能性があるようです。

スマホを落とすのって財布を落とすことより危険ですね。
スマホが普及した現代だからこそ起こりうる恐怖。まさに現代ホラー映画です。

とりあえずこの映画がきっかけで本気でSNS辞めたくなった。

犯人がわかった後も楽しめる作品

ミステリー映画だと犯人がわかった後は犯人逮捕くらいしか山がない作品が多いですが、この映画では主人公麻美の秘密にしていた過去が明かされたりと、二重で楽します。

犯人は「やっぱりお前かー」という感じでしたが、すぐに「で、あさみんの過去ってどうなの?」と楽しめました。
二重で種明かしするストーリーは観客を飽きさせない作りで面白かった。

正直犯人もあさみんの過去もめちゃくちゃ捻りがあるというわけではなく何となく読める展開でしたが種明かしの二重構想ということで話のテンポが早く、退屈な時間はなかったです。

犯人役の役者さんの演技がすごい

何となく読める犯人であったのに、犯人登場で驚いたのは成田凌さんの演技力ですね。

好青年浦野から豹変して気持ち悪い猟奇的殺人犯になったのには驚き。
そして演技力に圧巻だった‥!

成田くんの豹変ぶりと猟奇的殺人犯ぶりはまさしくホラーでした。
サイコスリラー的なね。

狂ってる感じを出せれる役者さんは大勢いると思いますが、彼の場合はマジでムカつくんだもん。
「何でこんなやつにあさみんが!」と何度思ったことか。

この映画で成田くんの評価がかなり上がった観客さんは大勢いるでしょう!

ちょいちょい出てくるツッコミどころ

映画はフィクションなのでよく起こりうることですがこの映画にもちょいちょいツッコミどころが。

麻美が富田くんに過去の話をし終えるまでじっと待っている猟奇的殺人犯や
いくら得意分野と言え新人刑事の千葉雄大が有能すぎるのは非現実的で少し笑えました。

バカリズム疑ってごめん

殺人犯ではないにしても、バカリズムは本気であさみんにデートのお誘いや気持ちわるいメッセージ送りつけてると思ってました。
まさか全て犯人の仕業で一つも関与してないとは。本気で疑ってごめん。

多分犯人も「こいつならリアルでありそうだろ」と思ってバカリズムさんを標的にしたのかな。笑

一方で要潤演じるあさみんの大学時代の先輩は犯人関係無しにただのクズでした。
無理矢理あさみんにキスしたりとか、犯人に動画を撮られてはいたけど自分の意思でしてたことだしスマホを落としたの関係無しにただのクズ男。どうでもいいけど要潤さん最近こういう役多いね。

善と悪の対比

千葉雄大演じる加賀谷学と一連の事件の犯人は、幼い頃似たような経験をしていて同じくパソコン関連に秀でた技術を持っている。
そんな二人は、一方は刑事になり、一方は猟奇的殺人犯。
【同じような境遇の二人でも全く違った道を歩むことができる】と善と悪で対比してあるのは面白かった。

もちろん全く同じ経験をしたわけではないし、どちらの方が辛い思いをしたなどの議論をするつもりはないけど
罪を犯すことに境遇は関係ないんだなー。と考えさせられる物語でもありました。

あさみんと富田くんの最後

気なるあさみんの過去ですが、

稲葉麻美は死んでいて、今のあさみんは山本美奈代という麻美が学生時代に同棲していた友人が整形して麻美になり変わった姿だった。
美奈代と麻美は境遇が似ていることもあり仲良くなり、同棲するようになった。
しかし麻美は株の投資にハマり就職もせずに美奈代の名義で1000万円もの借金を作る。
借金取りに追われる毎日。ストレスも限界に達し、麻美は「美奈代に麻美として生きるよう」に告げ美奈代として自殺する。
そして美奈代は整形して麻美として生きていくことになった。

というものでした。

整形するお金はどこにあったのかなど気になるけど、まあそこは置いておいて。

富田くんはこの過去を知っても尚、あさみんと結婚することを選びます。
ここは富田くんすごいなーと思ったしカッコよかった!

好きになった相手が元々は全くの別人だったって、かなり葛藤すると思うけどそれでも結婚を選べる勇気ってすごい。
確かに誰であっても好きになったのは【目の前にいるあさみん】だしね。

かなり重い過去なのに全てひっくるめて結婚してくれる富田くん。
あさみんからするとこの上なく嬉しいと思うし、女の幸せの絶頂だわ‥!

今年の顔だとか言われててとても人気な田中圭さんですが、私は別にかっこいいとかイケメンとか思ったことはありません。

でも富田くんはめちゃくちゃカッコよかった。

一瞬だけ出演する北村匠海

ラストにプラネタリウムでスマホを落とす少年が、なぜか北村匠海くん
5秒間だけ出演してました‥!
出番の少なさに似てるだけかと思いましたがエンドロールで名前見つけてウケました。

北川景子さんの演技

北川景子さんのこのオーバーな演技って、こういう映画に一番合ってる気がします。

怖がる演技や驚く演技などオーバーリアクションでいてくれた方が雰囲気際立つし、本作でもマンションの外に誰か立っている(様に見える)シーンの怖がるリアクションが素晴らしかった。
北川景子さんはホラー映画とか絶対合うと思うので今後どんどんそっちジャンルに出演してほしいです。

 

まとめ

現代ホラーで、種明かしを二重で楽しめて、役者の演技もよくて、ストーリーとテンポもいい。

高評価をつけたい映画になってますが、どうしてもこの映画は「2時間ドラマぽい」と思ってしまうんですよね。
お金を払って見たい映画かどうかは人それぞれだと思います。ただ「見に行って大失敗!」ということはないと思います。

個人的意見ですが、星5つ評価なら3.5はつけたい映画かな。