映画【億男】感想・考察。突如始まる佐藤健と高橋一生のロードムービー。

 

 

公開初日に映画【億男】見に行きました!

お金とはなんなのか?

お金について考えさせられる、いい映画でした。

 

 

映画【億男】とは?

2018年10月19日公開された日本映画。

「告白」「悪人」「怒り」「君の名は。」「何者」などの企画・プロデューサーで知られる、川村元気氏による長編小説『億男』が原作。

Amazon 楽天 kindle eBookJapan

監督は「ハゲタカ」「るろうに剣心シリーズ」「ミュージアム」「3月のライオン」などの大友啓史

 

 

スッタフ・キャスト

原作 – 川村元気『億男』
監督 – 大友啓史
脚本 – 渡部辰城、大友啓史
音楽 – 佐藤直紀
主題歌 – BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

キャスト
大倉一男- 佐藤健
古河九十九- 高橋一生
大倉万左子- 黒木華
あきら- 池田エライザ
安田十和子- 沢尻エリカ
百瀬栄一- 北村一輝
千住清人- 藤原竜也

 

 

映画【億男】のあらすじ

 

一男(佐藤健)は兄の借金の肩代わりをして、昼は図書館司書、夜はパン工場で働いて、借金返済の日々に追われていた。

妻の万左子(黒木華)と娘は出ていってしまい、朝から晩まで働く毎日。

ある日一男は、宝くじに当選。3億円を手にする。

しかし宝くじ換金時に受けた説明で大金を手にした人の悲劇を聞き不安に駆られた一男は、大富豪となった学生時代の友人、九十九のもとを訪ねる。

九十九は若くして「バイカム」というアプリ開発で起業し大成功。

そんな九十九なら大金の正しい使い道や失敗しない方法を教えてくれると思い、一男は彼を尋ねたのだった。

九十九は一男にお金のうんちくを語るなどしてお金を知ることを提案、そのためにはまず1度お金を使ってみようと言い出し、九十九宅でホームパーティーをします。

パリピたちを集めハデに騒ぐパーティーに、初めは戸惑っていた一男も徐々に楽しみ始め酔っ払って寝てしまうほどに。

目が冷めると、3億円と共に九十九の姿はありませんでした。

焦った九十九はパーティーで出会ったパリピな女子あきら(池田エライザ)に連絡を取ります。

あきらは友達に着いて行っただけで、九十九の連絡先は知らないが、かつて九十九と共に「バイカム」を起業した百瀬栄一(北村一輝)の連絡先ならわかるとのこと。

あきらの手助けで百瀬と会うことのできた一男はそこで何を知ることができたのか?

一男はかつて九十九と共に「バイカム」を起業したメンバーの千住清人(藤原竜也)、安田十和子(沢尻エリカ)などを尋ねて九十九の行方を追いながら、大金をめぐっての家族や友達のあり方を見つけていく。

九十九は一体どこへ消えたのか?

 

 

ここからネタバレありあらすじ

 

あきらの手助けで、百瀬と出会うことのできた一男。

百瀬は競馬場のVIPルームで大金をかけて遊んでいた。

百瀬は九十九と「バイカム」を起業したメンバーの1人で、「バイカム」売却後巨額の富を得て今や億万長者。

百瀬は「最近九十九はうまく行っていなかった。それは金を持ち逃げされたな。諦めろ」と言いました。

そして一男とあきらに「ここに100万あるから好きな馬を選んで競馬しろ」と言い出します。

一男とあきらはそれぞれ好きな馬を選ぶことに。一男はよくわからず、娘の誕生日である馬番で勝負することにしました。

運よく一男の選んだ数字が来て、一男は1億円を手にすることができます。

次のレースでは百瀬がオーナーである馬が走るらしく、「1億円をつぎ込めば3億になり、取られた金を取り戻すことができる」と説明します。

百瀬に言われて話に乗ることにした一男。

しかし百瀬が言った馬は1着になりませんでした。

落胆する一男に百瀬は「初めから馬券は買っていなかった。見ず知らずのやつにいきなり100万も出すやつなんていない」と言い出した。

一男は初めから1億円は当たっていないし、1億円損もしていなかった。

「頭の中でお金がいったりきたりしただけで、お金は動いていない。」ということだった。

あまりに一男が落ち込むので、百瀬は一男にフェイスブックを教え、ここから九十九を知ってる人を探せばいいと、助言してくれました。

 

一男は「バイカム」を起業したメンバーの1人、(藤原竜也)に会うことができました。

千住は怪しげなセミナーやまるで宗教なような商法でビジネスをしていました。

千住に聞いた話によると、九十九は最後まで「バイカム」を売ることを反対していたと言います。

九十九の秘書をしていた安田十和子(沢尻エリカ)の居場所を教えてもらうことができました。

 

安田十和子は市営アパートに住む普通の主婦だった。

「九十九の居場所は知らない」と言う十和子だったが、一男に「3億円見つかったらどう使うの?」と問う。

十和子は若くして10億円手にし羨ましがられるどころか「ずるい」と言われショックを受けた。

お金に疲れ、結婚相談所に登録。お金に概念のない夫に出会ったのだと言う。

住むところがあればいい、食べれればいい、お金にこだわりのない夫を運命の相手だと言う十和子。

そんな十和子は落ちぶれたわけではなく、畳の下や押し入れ・壁紙の間に大量の札束を隠していてお金に囲まれて生活していた。

 

九十九の居場所は見つからないが、一男は万左子に会い「3億当たったから一緒に暮らそう」と告げる。

しかし万左子は「貧乏でもあなたとはやっていけると思った。あなたはお金にとらわれすぎて変わってしまった」と告げ、離婚届にハンコを押すように頼みます。

万左子は一男が、娘が1番最初にやりたいと言ったバレエをお金がかかるからやめさせようと言ったことで夫婦生活に亀裂を感じたようだった。

 

一男は大学時代に九十九と行ったモロッコ旅行のことを思い出していた。

旅行中にお金に関するトラブルがいくつかあり、お金の価値はその時々で変わってくることを確信した九十九はモロッコ旅行中に、大学を辞めて起業することを一男に告げ、決意した。

 

そして、現代。

以前九十九が見つからないまま電車に乗ると、なんとそこには九十九がいた。

九十九は一切手をつけていない3億円を一男に返した。

九十九は一男の前から3億円を持って姿を消すことで、一男にお金について考える時間を与えたのだった。

 

 

 

 

映画【億男】感想

心温まるヒューマンドラマであり、お金について考えさせられる奥の深い映画でした。

 

期待した藤原竜也さんと沢尻エリカさんの出番が少なすぎて少々残念でしたが、それ以外は期待通り。いや、いい意味で期待を裏切ってくれました。

気になる点などまとめていきたいと思います!

 

終わり方について

3億円を持って消えた友人を探す借金まみれの宝くじ当選者の映画と聞いていたのですが、

目的は3億円を探すことではなく、お金について知ることでした。

 

一男が九十九を探すために出会った人物を通じて、大金をめぐっての友人や家族とのあり方を見つけていく。

それ自体が目的だったんです。

 

九十九は若くして起業に成功したことで、お金を持ちすぎて変わってしまった仲間たちを見てきた。

そのことを一男に伝えたかったのだ。

 

そして、九十九自体も一男に「お前が3億円を盗むなんて思えなくて」と信じてもらえたことで、お金のあり方について見つけることができた。

お金で仲間たちに裏切られて来た九十九は救われた、はずでもある。

 

元ビジネスパートナーたちから語られる九十九はなかなかいいやつだったので、

観客に【九十九が3億円を持ち逃げした】と思わせることが出来てないんじゃないの?と思っていましたが、別に思わせなくてもよかったみたいですw笑

 

落語『芝浜』の内容とリンク

ウィキペディアで九十九が得意とする落語が『芝浜』と知って気がついたのですが
この話は、落語『芝浜』とリンクしています。

『芝浜』は大金の入った財布を拾った夫を真人間にするために「財布など拾っていない」と妻が嘘をつき真面目に働かす、という内容。

有名な落語なので聞いたことがある人も多いと思います。

これに気づいた時は「なるほどね」と思ったし、ちょっと爽快。

 

百瀬がいた競馬場

一男とあきらが会いに行った時、百瀬がいた競馬場が気になって調べたんですけど
おそらく東京競馬場ダービールームです。

 

藤原竜也の宗教セミナーの効率の悪さ

藤原竜也さんの出番は少ないですけど、破壊力がハンパなかったですw

ミリオネアニューワールドという宗教じみたセミナーで貧乏人からお金を巻き上げるシーンは効率が悪い気がするんですけど‥。

立派な会場に大げさな衣装つけヒゲつけ髪で現れた藤原竜也が演説して、お金を破って投げ捨てる。
そして会場のセミナー参加者たちにも同じように自らの財布からお金を出し破って捨てさせる。

借金7000万円もある人が持ってる現金なんて大したことないでしょうし、敗れたお札を集めて修復する費用もなかなかかかる。

めちゃくちゃ効率の悪い金儲けですね‥!

 

モロッコ旅行で二人の友情の深さを知る

一男と九十九がモロッコ旅行に行くシーンは好きな場面が多いです。

九十九がこの旅行でお金の価値はその時々で変わると確信したのがわかるシーン、よかった。

 

お金のトラブルとは主に現地人とのトラブルなんだけど、

まずはホテルまでの道案内をしてくれた現地人。
最初は「お金はいらない」と言っていたが、ホテルについてから「少しだけお金をください」と言って来た。
一男はお金を渡そうとするが九十九は毅然とした態度で「最初にお金はいらないと言ったよね」と。
すると現地の男は激怒して暴言を吐いて去って行った。

次に、一男が疲労で倒れて、お店の売り物のツボを割ってしまう。
現地人が「わざと倒れて割ったんだ」と怒り狂い、お金を払うよう言う。
一男を早く病院に連れて行きたい九十九は42万円を支払いその場をしのぐ。
お金を払うと、みんな親切にしてくれた。

 

払わなくていい場面では絶対にお金は払わないのに、友人のピンチでは大金でも支払う。

確かに、お金はその時々で価値を変えてる。

 

そして、
この旅行で二人の友情の深さを知りました。

一男が倒れた時の九十九の取り乱した様子や即座に大金を支払うなど、九十九は一男のことをとても大切に思っているんだと思います。

 

見る人が見たら退屈な映画

わたしは面白いと思いましたが、友人は寝てました。

特にモロッコ旅行のシーンは長くて退屈だったとのこと。
モロッコの景色は綺麗だし、話の内容的にも大切なシーンだけど少々リズムの悪さを感じました。

会話シーンやエピソードなどは二人の今後の人生に影響を与えるので、必要なシーンだったとは思いますが、砂漠を歩いたりバスに乗ったり市場を歩いたりするシーンもなかなか長くてロードムービーを見せられている気分に。

ですが、景色が綺麗で映像、完成度ともに素晴らしい出来上がりです。

佐藤健と高橋一生が好きなら見るべき映画ですが、ローテンポの映画が苦手な人にはおすすめできないです。

 

登場人物の名前

あとは登場人物の名前に数字が入っているところが凝ってると思いました。

大倉
古河九十九
大倉左子
安田和子
瀬栄
住清人

『芝浜』の話も然り、原作者の川村元気さんすごい凝ってますね。
原作未読なので読んでみたくなりました。

 

 

 

まとめ

お金のあり方を考えさせられるいい映画でした。

最近、知人の離婚調停の話を聞いたばかりで「あなたの家族の値段はいくらですか?」と言う藤原竜也のセリフを聞いてハッとしました。

そうやって人は何かに値段をつけていくんだな、と思います。

 

一男と共に「若くして億万長者になった人物」たちを見て思ったことは

お金はなくても困る。ありすぎても困る。そういう怖い存在なんですね。

でもまあ、お金ないよりかは、あったほうが絶対いいとは思います。

 

そして1番の見どころは一男と九十九の友情。

一男と九十九のレベルで信頼し合える友達はそうそう居ないし、少し羨ましくもありました。

なのでわたしは3億円当たっても誰にも教えません!笑