映画ビリギャル感想とネタバレあらすじ。-有村架純が可愛すぎる。意外にも泣けた

 

今更すぎるけどビリギャル見ました。
有村架純史上最高に可愛い有村架純だった。

ぶっちゃけ架純ちゃんはひよっこみたいな感じよりこういう化粧濃いギャル系の方が可愛いきがする。

 

スポンサードサーチ

ビリギャルとは

2015年5月1日に公開された日本映画。

大ヒット書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を実写映画化で話題になりました。

Amazon kindle 楽天 eBookJapan

興行収入は28.4億円で2015年の映画ランキング第8位で大ヒット。

U-NEXTで見る Amazonで見る

 

 

 

スポンサードサーチ

映画【ビリギャル】のスッタフ・キャスト

原作 – 坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
監督 – 土井裕泰
脚本 – 橋本裕志
主題歌 – サンボマスター「可能性」
劇中歌 – Saku「START ME UP」

キャスト
工藤さやか – 有村架純
坪田義孝 – 伊藤淳史
森玲司 – 野村周平
本田美果 – 松井愛莉
工藤徹 – 田中哲司
工藤あかり – 吉田羊
峰岸誠 – あがた森魚

 

 

スポンサードサーチ

以下ネタバレ全文ネタバレあり注意

 

スポンサードサーチ

ネタバレ有りあらすじ

名古屋の女子高生の工藤さやかは、エスカレーター式で大学まで行けることをいいことに中学時代から全く勉強もせず、学年1成績の悪いギャルだった。
ある日さやかは学校でカバンの中にタバコが入っているのを教師に見つかり、停学処分になる。
停学となれば、エスカレーターで大学へ進学することはできず、さやかは絶体絶命のピンチに。
そんなさやかに母の『あーちゃん』は「大学受験すればいいじゃん」と塾へ行くことを勧める。

そこでさやかは塾講師、坪田義孝に出会い、マンツーマンで勉強を始めることに。
坪田はさやかの外見や、小学4年生レベルの学力に驚いていたものの、『慶應に行く』と大きな目標を定め、二人三脚で勉強を始めることを決意。

坪田は『学校では大勢の生徒を集め一斉に勉強を教えるだけだが、塾だと一人一人にあった勉強方法を提案することができる。学生時代の自分のような生徒の手助けをしたい』という理由で塾講師を目指したという。
金髪で素行の悪そうなゲーマーの森玲司や、ゴスロリの少女、ヲタク系な生徒、様々な生徒にそれぞれ向き合い、寄り添い勉強方法を対案して行く坪田にさやかも心動かされ、「坪田のような大人になりたい」と思いが生まれ、慶應合格への夢は一層強まった。

さやかは学校の友人の支えや、家庭での揉め事など様々なことを乗り越え努力し、ついに受験の日を迎える。
かつてから希望していた文学部と坪田の勧めで総合政策学科を受けることにした。
受験前日、さやかは坪田に感謝の手紙を渡す。坪田もさやかに合格祈願のおしるこを渡した。
「プレッシャーに打ち勝つ方法はありますか?」と言うさやかに「プレッシャーがあるってことは受かる自信があるってことだ」と。

そして受験当日、さやかは坪田からもらった合格祈願のおしるこを一気飲みしてしまい、試験中お腹を下してしまう。
受験後「今日の試験はさやかの得意分野ばかり出たからきっと受かってるって先生から言われた」と嬉しそうな母親から電話がかかってくるが、さやかは試験中体調が悪くなったことを思い出し落ち込んでいた。
「明日の総合政策学科の試験が終わったらすぐに帰るね」と電話を切る。

文学部の合格発表日。
結果は不合格、坪田に謝罪の電話をするさやか。
お腹を下してしまったことは言わなかった。
まだ総合政策学部の合格発表がまだ残っているが、さやかの苦手な小論文の配点が大きいと不安そうな坪田。

総合政策学部の合格発表日、さやかは坪田の目の前にいた。
「受かった」
呟くさやかに、坪田は喜ぶ。

そしてさやかは坪田にもらった手紙を読んでいた。
そこには坪田の思いが書かれていた。
「君が今どんな気持ちでいるか僕は知らない。もし一番の願いが叶わなくて沈んでいるとしても大きな目標にトライしたことは将来必ず何かの力になるはずだ、だから君らしくへっちゃらな顔でまっすぐ堂々と歩き続けて欲しい」
そして慶應のある東京へさやかは旅立つのであった。

 

スポンサードサーチ

映画【ビリギャル】感想

見るだけで向上心があがる映画だと思った。

クラスでワーストワンの成績の『ビリギャル』が必死で勉強して努力する姿に心打たれました。
諦めずに努力することの大切さを思い知った‥。

 

そしてこの映画最大の魅力がさやかのお母さんである『あーちゃん』。
どんな時でもさやかの味方である『あーちゃん』がいいお母さんすぎて泣けました。
さやかの父は弟をプロ野球選手に育てることに必死で、さやかのことなどほったらかし、それどころか弟ばかりにお金をかけてさやかと関係は最悪。さやかの塾代もあーちゃんのパート代で賄ってました。
そんな家庭環境なのでさやかの慶應合格のために塾の日数を増やすため、塾代のために夜もパートを始めたあーちゃん。
申し訳なさそうなさやかだけど「受かる受からないは関係ない。塾に行きだしてさやかはずっとワクワクしてる、それだけは十分なんです」と言っていたと塾長に告げられる。本当いいお母さんすぎる。

 

ちょっと甘すぎなところもある気がするけど、私はこういうママ理想の。こういう母親になりたいですね!

 

他にも泣けるシーンいくつかあった。
弟が野球がうまくいかず、父親からの期待も重荷で自暴自棄になって野球部を辞め父と大揉め。
「野球で入学したのに野球部辞めた息子の親が恥ずかしくて学校行けんわ」と激怒する父にあーちゃんが「恥ずかしいって何なんですか、私はさやかのことでなんども学校に呼び出されたけど恥ずかしいと思ったことは一度もありません。むしろさやかと色々話せて楽しかった。龍太だってあなたと色々話したかったんじゃないんですか」と言ったシーンまじ泣きしました。
本当理想のママ。

 

さやかが弟のためにも勉強を頑張るシーンも泣けました。
「バカな夢追いかけるのやめろ。本気で慶應行けると思ってるのか」と言っていた弟に、模試のC判定結果を見せ、弟に「あんたも自分の夢見つけな。高2で始めたさやかがここまで来れたんだから。あんたはまだまだ間に合うよ」と言う。ここ鳥肌立って泣きそうになった。

 

一番泣いたところは、センター試験の日大雪の中、うまく行っていなかった父親が弟のために買った野球の送迎バスでさやかを試験会場まで送るシーン。
自分の間違いを認めてママを認めたシーンには泣いた。
まあ、若干さやかが受験うまく行き出した途端、調子良すぎじゃね?とは思ったけどね。
受かっても受からなくてもさやかが楽しそうだからいい、って言ってたあーちゃんとは大違いだわ。
でも父親と和解できてよかった。泣いた。

 

やっぱ親も人間だからこうして成長していくと思うんですよね。

 

それにしても登場人物みんないい人ばっかだね。
塾講師の坪田はもちろん、さやかの母の『あーちゃん』がいいお母さんすぎるし、さやかの同級生たちもいい子たちすぎる。
さやかが遊んでる途中も勉強してるところ見て「もうさやかとは遊ばない。勉強に専念して」と言ってくれたところは涙。
さやかのテキストブックなどを見た友達が意味深な顔をするシーンがちょいちょいあって、「あいつウチらと遊んでるのに勉強ばっかでうざくない?」みたいな感じになると思ってたので、いい子達すぎて感動しました。

 

 

さいごに

まさかビリギャルで泣くとは思ってなかったです。
正直、ドラゴン桜みたいな感じにあまり勉強が得意でない高校生が必死で努力して志望大学に合格する熱血勉強系なのかと思ってましたが、家族愛に泣けた。
まあ勉強メインだからドラゴン桜ぽいちゃぽいんですけど。

まさか泣かされると思ってなかったからいい意味で裏切られました^^
いい映画だったです!