書けないッ!?〜脚本家吉丸圭佑の筋書きのない生活〜 1話ネタバレあらすじ感想!ドラマ好きにはたまらん設定!2話あらすじも

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

更新遅れましたが、ドラマ【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】1話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みた人は目次から飛んでください☆

【書けないッ!?】各話感想
1話感想  2話感想

スポンサードサーチ

ドラマ【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】基本情報

脚本家兼主夫の夫(生田斗真)と、ベストセラー小説家の妻(吉瀬美智子)が繰り広げるマイ・ホームコメディ!
主演の生田斗真は本作がテレビ朝日系ドラマで初主演となる。


トライアル期間中は無料で見れます!
 

スタッフ・キャスト

脚本 – 福田靖
演出 – 豊島圭介、Yuki Saito
ゼネラルプロデューサー – 三輪祐見子

吉丸圭佑 – 生田斗真
吉丸奈美 – 吉瀬美智子
仙川俊也 – 菊池風磨(Sexy Zone)
吉丸絵里花 – 山田杏奈
吉丸空 – 潤浩
篠田芳恵 – 梅沢昌代
東海林光夫 – 北村有起哉
八神隼人 – 岡田将生
角隆史 – 小池徹平
松尾めぐみ – 長井短
秦野ゆかり – 野村麻純
スキンヘッドの男 – 浜野謙太
如月翔 – 小越勇輝
涌本彩子 – 関めぐみ
篠田重幸 – 小野武彦

 

スポンサードサーチ

【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】1話 あらすじ

売れない脚本家の吉丸圭佑(生田斗真)は、「香坂りり子」というペンネームで活躍中のベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)、娘の絵里花(山田杏奈)、息子の空(潤浩)と家族4人で平穏な日々を送っている。そう、圭佑は奈美の執筆をサポートするため、家事全般、子どもたちの世話を一手に担う脚本家兼主夫なのだ。

細々と執筆を続けながらも、どこかで「自分には大きな仕事なんてくるはずない…」と思い込んでいる圭佑に、ある日1本の電話が…。その電話の相手は、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)。なんと、圭佑にゴールデンタイム枠で放送する連続ドラマのメインライターを依頼したいというのだ!

翌日、さっそく東西テレビに向かった圭佑は、東海林、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)から、もともとメインライターに決まっていた有名脚本家がケガで降板することになったため、急きょ自分に白羽の矢が立ったことを聞かされる。

さらに、ストーリーはおろか、企画内容、タイトルすら何も決まっていない状況にも関わらず、主演俳優だけは、すでにトップスターの八神隼人(岡田将生)に決定していると聞き、あ然とする圭佑…。

そんな圭佑に、東海林は「時間がないから明日までに刑事ドラマでストーリー案を考えてきて!」と、いきなりのむちゃブリ!
突然の大抜てきに大喜びする奈美を横目に、大変なことになってしまったと頭を抱える圭佑――。
奈美にお尻を叩かれ、なんとか階段下の執筆スペースに向かうが……何も思い浮かばないッ!

圭佑は忙しくなることで、愛する家族や娘・奈美のサポートができなくなるのではないか、と心配する義父母・篠田重幸(小野武彦)と芳恵(梅沢昌代)、そして絵里花目当てに毎日のようにやって来る空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)らに見守られながら悪戦苦闘! しかも、どんどん追い詰められていく圭佑の前に、謎めいたスキンヘッドの男(浜野謙太)まで現れて…!?
のんびりと穏やかに暮らしていた圭佑の生活が一変、ドタバタの毎日が幕を開ける――!

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/kakenai/)

ここからネタバレあらすじ

東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)から呼び出された吉丸圭佑(生田斗真)は、もともとメインライターに決まっていた有名脚本家がケガで降板することになったため、メイン脚本家に抜擢された!

 

主演はトップスターの八神隼人(岡田将生)でゴールデンタイム枠という大きな仕事だ。

 

「時間がないから明日までに刑事ドラマでストーリー案を考えてきて!」といきなりムチャブリをされ、圭佑は謎めいたスキンヘッドの男(浜野謙太)の幻覚を見ながらも、ストーリー案を考える。

 

だが、次の日。
圭佑が徹夜で書き上げたストーリー案は却下。
矢神隼人が刑事ドラマが嫌だと言っているらしい。
女性活躍社会にふさわしいドラマがいいということで、次はイケメン教師が女子高に転任してくる学園モノのストーリー案を考えてくるように言われる。

 

学園モノの案もなかなか浮かんでこなかったが、なんとかしてストーリー案をひねり出した。
イケメン教師は実は財閥の御曹司という設定の学園コメディだ。
ところどころダメ出しをされるが、時間的に余裕がないためこれでOKが出た。

 

第1話の納期も明日。
アイデアはなかなか浮かんでこない。
そんな中、矢神隼人が財閥の御曹司は実はB型の血液しか吸わない吸血鬼だったという設定を加えて欲しいと言い出した。

 

「なんだよこれ・・・・」
ふと机の下を見るとスキンヘッドの男が現れた。
またもや幻覚を見てしまった圭佑。

 

そんな圭佑を心配した奈美(吉瀬美智子)がアイデアを出すと助け船を出してきた。
圭佑はそれを断る。
奈美にアドバイスを貰ったらそれは奈美の作品になってしまう。

 

それでも圭佑の力になりたい奈美は口述筆記を提案。
圭佑が口でシナリオを言って奈美がタイピングする。
おかしい点を奈美が教えてくれるが、圭佑はまたもやスキンヘッドの男を見てしまう。

 

「ツルツルなんていない!続き考える!」

 

 

スポンサードサーチ

【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】1話 感想・レビュー

おもしろかった。
やはり業界モノはドラマ好きにはたまらないですね😌

もちろん本当のドラマ業界のことは分かんないのでリアルかどうかは分かんないですけど、ドラマ界の裏側を見てる感じがしてテンションが上がる。
北村有起哉のテキトーなプロデューサーも小池徹平の若手監督も長井短のアシさんもいそうでそれっぽいw
本物を見たことがないのに「それっぽい」と思える楽しさがありました🤔

そして北村有起哉Pの「当たってバズればいいんだよ」っていうセリフは妙にリアルだったw
最近の地上波の連ドラはバズり目的のものがとにかく多い!
もはやちゃんとしたドラマを作る気がないんじゃないかと思える。
もうゆっくりじっくり見るべきドラマはWOWOWやネットフリックスにしか無いんじゃないかと思ってます。

それにしても生田斗真くんは1人芝居が上手いよね!
「花ざかりの君たちへ」の時から思っていたけど心の声をこんなに分かりやすく表現してくれる俳優ほかにいる?

個人的に心の声をナレーションする演出はあまり好きじゃないんだけど、斗真くんのドラマだけは許せる。
むしろナレーションに合わせて演技するのが、彼の良さを1番表現できる演出なんじゃないかと思ってます。

女子校の教師が財閥の御曹司で吸血鬼

演出や設定だけじゃなくて、展開もぶっ飛んでて面白かった。
北村有起哉と岡田将生の令和の大スターがいい感じにかき回してくれてますね
岡田将生は令和っていうか昭和のスターっぽかったけどw

B型の血液しか吸わない吸血鬼設定を望む岡田将生には笑った\(^o^)/

こんな無茶難題を押し付けられて主人公は可哀想だけど、これはおもしろい。
リアルの世界でもこんな設定の連ドラが放送されたらツイッターは盛り上がると思うなwww
絶対バズる😂下手したら「M」や「先生を消す方程式」みたいなバズり方になりそうだけど🙄

同じく業界ドラマの『共演NG』でも言いましたが、出来上がったドラマを見てみたい😳

ってことで【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】1話、おもしろかったです。
展開も着地点も読めないので次回も楽しみー\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

【書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜】2話 あらすじ

ゴールデンタイムの連続ドラマのメインライターに抜てきされた脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)は、『富豪教師』というタイトルで人気俳優・八神隼人(岡田将生)主演作の執筆を始める。第1話の締め切りまで時間がなく、追い詰められた圭佑は突然現れたスキンヘッドの男(浜野謙太)に失敗を予言されるという妄想に取りつかれ大パニック! そんな圭佑の姿を見た妻でベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)は、口述筆記での手伝いを申し出る。

しかし、それを知った奈美の秘書・秦野ゆかり(野村麻純)は、小説執筆のさまたげになると猛抗議! また、家事を手伝うはめになった娘の絵里花(山田杏奈)や息子の空(潤浩)も不満タラタラ…。一方、吉丸家にやって来た空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)は、夕飯作りを手伝いながら気になる絵里花とおしゃべりができて、ひとり有頂天…と、なんだかんだ言いながらもフォローしてくれた家族&仙川のおかげで、圭佑はなんとか第1稿を書き上げる。

完成した脚本を手にいざ東西テレビへ向かった圭佑だが、プロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)の「予想より面白い」という感想にホッとする間もなく、翌日締め切りという鬼のスケジュールで修正を指示されてしまう。さらに如月翔(小越勇輝)という将来有望な若手脚本家が第2話から執筆に加わると告げられて…?

なんだかモヤモヤした気持ちのまま帰宅した圭佑が、洗面台で顔を洗っていると、突然浴室からスキンヘッドの男が! 男はパニックになる圭佑の痛いところをようしゃなく突いてくる…。
心身共にギリギリの状態でようやく第1話の脚本は大詰め、ドラマの撮影に向けて動き出そうとしたその時! 八神の思いつきによって、圭佑は大きな修正を強いられることになり…?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/kakenai/)