月9『シャーロック』4話ネタバレ感想!またもや悪女出てくる。獅子雄(ディーン)がコナンになりつつある。5話あらすじも!

 

成瀬
どうも。成瀬です。
『シャーロック』4話を見たので感想を書く。
ボクシング世界チャンピオンの初防衛をかけた注目の戦いの直前に姿を消した梶山裕太(矢野聖人)にかけられた殺人容疑を
獅子雄が解く!そんな4話。

 

『シャーロック』を無料で視聴する方法!
FODプレミアムなら1ヶ月無料で『シャーロック』が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

『シャーロック』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話感想  6話感想

 

スポンサードサーチ

月9ドラマ『シャーロック』基本情報

2019年10月7日にスタートした2019年10月期の月9ドラマ。
世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメントである。
主演はディーン・フジオカ、相棒役は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が務める。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本 – 井上由美子
プロデュース – 太田 大
演出 – 西谷 弘、野田悠介、永山耕三
主題歌 – DEAN FUJIOKA『Shelly』

誉 獅子雄 – ディーン・フジオカ
若宮 潤一 – 岩田剛典
江藤 礼二 – 佐々木蔵之介
小暮 クミコ – 山田真歩
レオ – ゆうたろう

4話ゲスト

石橋卓也 – 金子ノブアキ

ボクシングジム「石橋本郷スポーツジム」会長。

梶山裕太 – 矢野聖人

「石橋本郷スポーツジム」所属のライト級プロボクサー。
ライト級チャンピオンとして初防衛戦を控えていたが、試合当日に突然行方不明になった。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『シャーロック』4話  あらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)とボクシングの試合観戦。ボクシングのこととなると熱くなる獅子雄が飛ばすキツい野次に辟易する若宮は帰ろうとするが、獅子雄に無理矢理引き止められウンザリ顔。この日のメインイベントは、二階級制覇の世界チャンピオンである梶山裕太(矢野聖人)の初防衛をかけた注目の戦い。観客のボルテージも最高潮となる中、その時を迎えた。

しかし、リングアナウンサーが派手にコールするも、梶山は一切姿を現さない。異様な状況に観客がどよめき始めると、梶山急病による試合中止のアナウンスが。騒然とする観客席を後に、獅子雄は若宮の制止も聞かず梶山の選手控室へと入って行ってしまう。すぐに獅子雄は、梶山の急病は嘘と見抜き、ボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を出せと迫る。

その時、江藤礼二(佐々木蔵之介)が現れ、梶山の行方を捜していると言う。一時間ほど前に、近くの坂で、ある男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されていたのだ。世界チャンピオンから一転して殺人事件の重要参考人となった梶山は一体どこへ消えたのか?そんな中、獅子雄は、梶山の控え室に置かれたプレゼントの山の中に、女性物の傘を見つけ目を輝かせる…。
(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/sherlock/)

ここからネタバレあらすじ

殺された男・村川は、以前事故で人を殺したことのある人物だった。
その男による事故で亡くなった女性は、細谷優子(小島藤子)というシングルマザー。
そしてなんと優子の息子・潤(小林喜日)は石橋(金子ノブアキ)のボクシングジムの生徒だった。

 

優子の実家を訪ねた若宮(岩田剛典)は、優子の家に、梶山(矢野聖人)の控え室に置かれたプレゼントの傘と同じ傘があることを発見する。
さらに若宮は、優子の母親から、彼女は父親不在のまま潤を産んだことを聞く。
潤の父親が誰なのか優子の母さえ分からない。

 

手がかりを求めた若宮は、優子が妊娠前に教師として勤めていた高校を訪ねる。
なんとその高校には梶山が通っていた!!!
優子は生徒の子供を妊娠したため教師を辞めて1人で子供を産んだ。そして優子が殺されたと知った梶山が怒って男を殺したのだと考える若宮。

 

しかしそんな簡単な事件ではなかった。

 

獅子雄は石橋を訪ねる。
石橋は梶山から遺書が届いたという。
そして思い出話しを始める石橋。

 

優子と石橋は大学の同級生だった。
ある日、石橋は優子から不良少年・梶山を紹介される。
複雑な家庭だがボクシングが好きなので面倒見てやってほしいと言われて、石橋は梶山にボクシングを教えることに。
天性のものがあった梶山はボクシングセンス抜群でどんどん実力をつけて行く。

 

1年が経った頃、石橋は優子から梶山の子を妊娠したと打ち明けられる。
そして優子は黙って梶山の前から姿を消すと告げられる。
いきなり優子がいなくなってショックを受ける梶山だったが、その気持ちをボクシングに向けて、練習にのめり込んだ。

 

それからしばらくが経ち、優子の息子・潤がジムにやってきた。
梶山が父親だと気づいたのかもしれない。
そう思って探っていくうちに、優子が死んだことを知った。
悩んだ石橋は梶山に優子が1人で子供を産んだことと死んだことを教える。

 

それを知った梶山が優子を殺した男を復習したのだろうと石橋は思っているようだ。
「試合の日に?」
問う獅子雄。
「逃げたかったのかも。あいつは光を浴びちゃいけない人間だったんだ」

 

そこへ梶山がやってくる!
獅子雄が呼んだのだ。
びっくりする石橋。

 

石橋に遺書を書いたのは獅子雄だった!
獅子雄は石橋がやったことと同じことをしただけだと言う。

 

試合の日、石橋は梶山に
【僕は今日、母の恨みを晴らしますボクシングと母どちらを選びますか?】
と潤に成りすました手紙を送っていた。

 

潤が人殺しになってしまうと思った梶山は急いで殺害現場に走ったのだ。

 

若宮が潤を連れてくる。潤はその手紙を書いていないと証言。

 

梶山が現場についたら村川は死んでいたという。
殺された村川の顔はボコボコに殴られていた。
しかし犯人は村川を仕留められずに階段から突き落としている。
梶山が犯人なら一発で殺せたはずだ。
さらにその日、石橋の拳は真っ赤に腫れていた。

 

そしてなぜか石橋とボクシングを始める獅子雄。
獅子雄が勝つwww
獅子雄にやられた石橋は泣き出して動機を語り始める。

 

石橋は梶山に嫉妬していた。

 

優子を好きだった石橋は、いつの間にか優子と子どもを作っていた梶山に嫉妬。
さらにどんどんボクシングが強くなって行く梶山に嫉妬。
いつの間にか自分を越された石橋はとにかく梶山が嫌いだった。

 

「嫌いだった。
この15年間、お前が眩しくて仕方なかった。」

 

事件解決。犯人は石橋。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『シャーロック』4話 感想・レビュー

1話から3話まで犯人は全員悪女。
ってことで男性ゲストばっかの4話では悪女が見られないのかと思っていたら、
優子先生!なかなか悪い女!

高校教師なのに生徒とつき合って妊娠。
そんで大学時代の友人も自分のことが好き。
最終的に自分のことを好きだった男が嫉妬に狂って殺人まで犯すって・・・・普通に悪女!

まあ3話までの悪女とは違って未成年淫行くらいの罪しかないですが。
嫉妬に狂った金子ノブアキも女絡みだけじゃなくてボクサーとしてのプライドなどもあっただろうしね🤔

そんで前から思ってたけど梶山役の矢野聖人くん。磯村勇斗にソックリだよね。
ラジエーションハウスの時はそんなに思わなかったけど金髪だとかなり似てた。

巻き込まれ体質であった獅子雄

今回、ミステリー作品の主人公につき物である”巻き込まれ体質”を獅子雄が持っていることが判明した。

今までは江藤が獅子雄宅に訪れ事件の依頼にやってくるというところから事件捜査は始まっていたのだけど、4話ではディーンが趣味で観戦に訪れたボクシングの試合に出場する選手が殺人事件に関与していたというところから事件の捜査が始まった。

そこへたまたま江藤が現れ獅子雄たちも捜査に協力することになるのだが、これは完全に獅子雄が事件を呼び寄せた系ではないだろうか!?!?

この事件への導入の仕方は4話がはじめてなのでまだ確信は持てないけど、バンバン事件に巻き込まれるようになったら獅子雄もコナンくんや金田一の仲間入りだね!

成瀬
ちなみにラスボスとなりそうな守谷については何も進展なし!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『シャーロック』5話 あらすじ

若宮潤一(岩田剛典)が誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に文句を言っている。獅子雄は、同居しているくせに、家賃も生活費も一銭も払っていないのだ。「細かいことを言うな」と取り合わない獅子雄に手を焼いていると、そこに、江藤礼二(佐々木蔵之介)がやって来る。

いつものように事件解明を獅子雄に委ねたい江藤。今回も奇妙な事件だった。彼氏の留守中、部屋に入った女性からの110番通報で警察が駆けつけると、そこはスプラッター映画のような惨状。室内には大量の血液と破れたシャツ、バスルームには血塗れのタオルと凶器と思われる包丁とのノコギリが残されていた。しかし、被害者が見当たらない。周辺の目撃証言や、運び出された痕跡もない。部屋の持ち主、町田卓夫(永井大)を江藤と小暮クミコ(山田真歩)が取り調べるが本人は知らないの一点張り。

さらに、町田は政治家の息子だったため、江藤は上層部から解放するよう指示されてしまう。なんとか町田の鼻を明かしたい江藤は、獅子雄を焚きつける。捜査協力費用を得たい若宮も加勢。「死体が歩いたのかも」と言う若宮の言葉に、獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない」と否定し、“歩く死体”の謎に乗り出すことに。現場に残されたシャツに、町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャルが確認された。貴之は2日前から行方不明で、家族から捜索願も出ている。江藤は、貴之の母・千沙子(若村麻由美)から、「息子は町田のパワハラを受けていた」と聞く。社員たちはパワハラを否定するが、獅子雄は町田の不自然さを見逃さず…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/sherlock/introduction/index.html)