月9ドラマ『監察医 朝顔』1話ネタバレ感想・レビュー!2話あらすじも!アンナチュラルの二番煎じ感溢れるが泣けた!

 

新月9の『監察医朝顔』見ました!

主人公・朝顔は法医学者ということで、遺体を解剖し事件解決に導く事件解決系ドラマかと思いきや、震災や家族とのシーンにも焦点が置かれていてどれがメインか分からない1話でした!

死因を解明してスッキリ爽快って感じのドラマではないことは確か。
悪く言えば焦点が絞られていなくて薄い1話でしたが、わたしはこの雰囲気嫌いじゃない。

それではそんな『監察医朝顔』1話のネタバレあらすじと感想・レビューを書いていきます。
(ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!)

『監察医朝顔』を無料視聴する方法!
FODプレミアムなら1ヶ月無料で『監察医朝顔』が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

ドラマ『監察医朝顔』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』

2019年7月8日から「月9」枠で放送される。
主演は上野樹里で、「のだめカンタービレ」以来の月9主演となる。
法医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます!

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 香川まさひと(原作)、木村直巳(画)、佐藤喜宣(監修) 『監察医 朝顔』
脚本 – 根本ノンジ
演出 – 平野眞、澤田鎌作
音楽 – 得田真裕

万木朝顔 – 上野樹里
万木平 – 時任三郎
桑原真也 – 風間俊介
安岡光子 – 志田未来
高橋涼介 – 中尾明慶
森本琢磨 – 森本慎太郎
愛川江梨花 – 坂ノ上茜
山倉伸彦 – 戸次重幸
藤堂絵美 – 平岩紙
伊東純 – 三宅弘城
藤堂雅史 – 板尾創路
嶋田浩之 – 柄本明

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』1話あらすじ

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。新米とはいえ、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持つ朝顔は、実直な人柄で、自分よりもつい相手のことが気になってしまうような愛情深く心優しい女性だ。そんな朝顔は、捜査畑ひと筋の刑事でもある父・ 平(時任三郎)とふたりで、寄り添うように暮らしている。他愛もない会話と穏やかな笑顔。2011年3月11日から変わらない娘と父の日常。そこに母の 里子(石田ひかり)の姿はない。あの日、里子は、父親の 嶋田浩之(柄本明)に会うために、生まれ育った東北のとある海沿いの町に帰省していた。

朝顔が興雲大学の法医学教室に出勤すると、検査技師の 高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の 藤堂絵美(平岩紙)、絵美の夫でベテラン法医学者の 藤堂雅史(板尾創路)がすでに来ていた。野毛山署の強行犯係に異動してくる刑事がハリウッド・スターに似ているらしい、と噂話で盛り上がる高橋と絵美。絵美は、朝顔の恋人で、野毛山署強行犯係の新米刑事・桑原真也(風間俊介)に確かめてほしい、とまで言い出す。

同じころ、野毛山署強行犯係でも、係長の 山倉伸彦(戸次重幸)、刑事の 森本琢磨(森本慎太郎)、新米刑事の 愛川江梨花(坂ノ上茜)らがどんな刑事が来るのか興味津々で待っていた。すると、そこにやってきたのは平だった。

そんな折、野毛山署管内の倉庫で女性が死んでいるとの無線が入る。すかさず現場に向かう平。山倉は、桑原にも同行を命じた。検視官の 伊東純(三宅弘城)は、到着した平たちに、頭部に外傷があるものの詳しいことは解剖をしてみないとわからないと伝え、興雲大学の法医学教室へ連絡する。

連絡を受けた朝顔と絵美は、藤堂が別の解剖に入ったこともあって一度は断ろうとした。そこに、ちょうど旅行から戻ってきた主任教授の夏目茶子(山口智子)は、朝顔に解剖をするよう指示する。

ほどなく、平と桑原が、遺体とともに法医学教室へとやってきた。そこで初めて、平が野毛山署に異動したことを知って驚く朝顔。そしてそれ以上に驚いていたのは、平が恋人の父親だと知った桑原だった。

「教えてください。お願いします」。朝顔は、遺体の胸に手を当てて小さくつぶやくと、茶子の指導の下、遺体の解剖を行った。そこで分かったのは、女性が溺死した可能性がある、ということだった。倉庫で溺死という不可解な話に困惑する一同。平は、桑原とともに現場に戻り、周囲の捜査を進めるが……。
(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao/index.html)

ここからネタバレあらすじ

ここからは『監察医 朝顔』1話のネタバレあらすじをポイントで紹介していきます。

溺死した女性はなぜ倉庫で倒れていたのか?

野毛山署管内の倉庫で女性が死亡しているのが見つかった。
所持品ゼロ。身元は不明。
解剖の結果、遺体は溺死の可能性が高い。
遺体は肺に水が溜まって水性肺水腫を起こしていた。
死亡推定時刻は昨日の午後3時から午後9時までの間。
揉み合った形跡はなかったが、手の平に擦過傷が残っていた。
頭部には外傷があったが、脳に損傷がなかったため、直接の死因ではない。

 

陸で亡くなっていた女性の死因がなぜ溺死なのか?

 

平と山倉は現場から1番近い、海と川が交わる汽水付近に来ていた。
偶然、朝顔も水質検査のために現れ、3人は女性がどのように亡くなったのかを考える。

 

そんな折に遺体の身元が判明した。
亡くなった女性は、市内に住む桜井けいこさん、36歳だった。
夫と部品工場を営み、亡くなった当日は10歳の娘・早紀とイベントに訪れていたそう。

 

朝顔はけいこの手の平の擦過傷に注目する。
両端の傷は向きが違っていた‥。
早紀の話だと、けいこはトートバックを持っていはずだが、朝顔はけいこは何か他の重い荷物を持っていたのではないかと考える。
そんな中、けいこの手の平の傷からはポリプロピレンが検出される‥。

 

平と山倉は周辺の防犯カメラを調べる。
けいこの姿は午後4時頃に確認された。
娘・早紀をイベント会場に迎えに行く前の映像だが、イベント会場からはだいぶ離れている。
手には百貨店には紙袋を持っている様子だった。

 

百貨店の袋の取っ手にはポリプロピレンが使われている。
これで手の平の傷については解明された。
朝顔は、けいこの遺体をもう一度調べたいと、主任・夏目に申し出る。
なぜ、溺死したけいこが倉庫に倒れていたのかーー?

 

平は、けいこが溺死したと思われる汽水付近を調べる。
何度も調べた結果、けいこが持っていた百貨店の紙袋がみつかった。

 

紙袋からは慰留指紋が見つかる。
ひったくりの常習犯のものだった。

 

けいこはあの日、早紀をイベント会場に送り届けた後、百貨店で買い物をした。
イベント終了時にあわせて会場に向かうが、その途中でひったくりにあっていた。
けいこは犯人ともみ合い、水辺に倒れてしまう。
犯人は、バックを持ち去り、紙袋をその場に捨てて逃走した。

 

けいこが倉庫に倒れて死亡していたのは、けいこが遅発性溺水を発症していたからだ。
遅発性溺水とは飲み込んだ水が遅れて肺に入り肺炎を生じさせる症状だ。通常の溺死とは違いしばらくして呼吸困難などを引き起こす。
けいこは朦朧とした意識の中、無意識に帰ろうとしていた。
倉庫の雰囲気はけいこの家とよく似ていた。けいこの倒れていた場所はけいこの机があった場所とほぼ同じだった。
けいこは帰ろうとしていたのだ。家族の元へ。

 

朝顔は、早紀にけいこが亡くなる前、百貨店で買っていたものを渡す。
けいこは早紀のためにお弁当箱を買っていた。
早紀はお弁当箱がダサいと友達にからかわれたことを気にしていた。
けいこは亡くなる直前まで娘のことを思っていたのだ。

朝顔の母の死

朝顔は休暇を利用して、東北の海沿いの祖父の住む家へ向かう。
朝顔が祖父の家に行くのは8年ぶりだ。

 

朝顔はここで、8年前、東日本大震災で、帰省中の母・里子を亡くしている。
あの日、朝顔は里子と2人で祖父の家に来ていた。
地震発生後、里子は朝顔を残し、近所の住人の様子を見に行く。
直後に津波が発生し、それから母は行方不明のままだ。

 

8年ぶりに祖父宅へ向かう朝顔だったが、電車から降りると気分が悪くなってしまい、すぐに引き返すことにまった。
だが平はその場に残り、里子を探すという。
朝顔の傷は未だに癒えておらず、平は未だに里子を探している。

成瀬
こんな感じでした。

ということで、第1話のご遺体・けいこさんが溺死なのに倉庫で亡くなっていたのは、飲み込んだ水が遅れて肺に入り肺炎を生じさせたからで、時間差の溺死でした。
娘の早紀ちゃんがただただかわいそうでした😭
平さんの「残された方も辛い」って言葉も重かったな〜。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』1話感想・レビュー

アンナチュラルのヒットで、遺体の謎を解明する系のドラマは流行ってみたいですね。
視聴率も取れるし、ウケるってことでしょうか🤔

法医学の観点から遺体の謎を解き明かしつつ、主人公・朝顔と父・平が自らの過去と向き合うといった最近ありがちのドラマでした‥‥。
正直、アンナチュラルの二番煎じ感漂いますが、過去を辿れば1998年のドラマ「きらきらひかる」もこんな感じのストーリーでしたし、内容が似てくるのは仕方ないですね。

普通に泣ける

人の死と向き合うという点では涙ナシで見られない本作。
お涙ちょうだいものと言ったらそうなんですが、まんまと泣かされました。

まずは、1話のご遺体の謎が解明された時。
事件解明の経緯には「遺族の確認なしに解剖していいの?」とか「溺水発見までにこんなに時間かかるんだ」とかびっくりすることがたくさんありましたが、真相を知った娘・さきちゃんの気持ちを考えると泣けました。

お母さんの亡くなる前「お弁当箱がおじさんみたいって言われた」とお母さんの作ってくれたお弁当を投げ散らかしてしまった早紀ちゃん。
その後、お母さんは早紀ちゃんのために新しいお弁当を買いに行き、その直後にひったくりに襲われ、運悪く遅発性溺水して亡くなってしまいます。

なんという不幸の連鎖‥‥。

普通なら仲直りしてそれでおしまいのはずが、早紀ちゃんは二度とお母さんと会うことが出来ません。
10歳の女の子にはよくある出来事だし、私にもそういう経験はある。
それがこんな形でお母さんと死別してしまうなんて、かわいそすぎる😭😭😭
一生後悔するだろうし、引きずると思います。
月並みの言葉で申し訳ないけど、お母さんはきっと早紀ちゃんには罪悪感を感じて欲しくないと思う。
これから先、しんどいと思うけど早紀ちゃんには幸せになって欲しいな

この件だけでも泣けたのに、後半での朝顔の過去のシーンでも涙が止まらなかった。

朝顔は祖父の家に行った際、震災で母親を亡くしています。
しかも朝顔は、近所の人の様子を見に行く母を見送っていて、この点でも後悔は大きいと思います。
悲しみだけではなく、後悔もある。万木朝顔‥‥壮絶な過去を背負ったヒロインだった‥‥!

回想シーンでは「辛かったな」という思いが沸いたくらいで、泣けはしなかったのですが、朝顔が電車の中で涙を流す姿を見て号泣。
上野樹里さんの演技力を改めて思い知った。

成瀬
と、いうことで『監察医朝顔』1話!
お涙ちょうだいものでしたが、フツーに泣きました。

遺体の謎の解明、朝顔の過去、朝顔と平の親子の絆
など要素が盛りだくさんでしたが、これから先はそれらのバランスや最終的にどこに重点をおくのかで展開が変わっていきそう。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』2話あらすじ

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30℃以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが……。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao/index.html)