朝ドラ【まんぷく】8週目感想・考察と9週目あらすじ。鈴さんの重労働がかわいそうすぎる‥!

 

まんぷくの過去の感想はこちらまんぷく感想・考察一覧

 

まんぷくの概要

10月1日にスタートしたNHK総合の朝の連続ドラマ小説。平成三十年度後期の朝ドラ第99作目に当たる。
放送時間は毎週月〜金午前8:00〜8:15。
インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルにした物語。

 

キャスト・スッタフ

脚本 – 福田靖
語り – 芦田愛菜
主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

キャスト
今井福子- 安藤サクラ
立花萬平- 長谷川博己
今井鈴- 松坂慶子
香田克子- 松下奈緒
香田忠彦- 要潤
今井咲- 内田有紀
小野塚真一 – 大谷亮平
神部茂- 瀬戸康史
今井鈴- 松井玲奈
世良勝夫- 桐谷健太
保科恵- 橋本マナミ
加地谷圭介- 片岡愛之助

 

まんぷく8週目あらすじ

福ちゃんは臨月を迎えていました。もともと、製塩所で働く従業員たちの世話の大変さに不満をもっていた鈴さんは、身重の福ちゃんの分まで働かざるを得ず、我慢の限界に。ある日、萬平さんとのささいな口論をきっかけに鈴さんは家を飛び出してしまいます。福ちゃんと萬平さんは鈴さんを探すもののみつかりません。その途中、萬平さんの目にとまったのは、戦後の焼け野原で食べる物に困り、栄養失調で倒れている人々。それを見た萬平さんは、困っている人々を救うある新規事業を思いつきます。そんな時、ついに福ちゃんに陣痛が…!(公式ホームページ引用)

 

まんぷく8週目感想・考察

今週も面白かったのですが、ちょっと鈴さんかわいそうじゃない?!と思えました。

それでは8週目の感想と考察書いて行きます。
未視聴の方はネタバレに注意してください。

鈴さん家出問題

鈴さんの家出から始まりましたが家出の理由が『鈴さんのワガママ』とされていることに疑問を持ちました。

まず、萬平さんは鈴さんが「源義経の子孫」と言い出したことを笑ってしまったことで怒って家出したと考えます。
この理由を一同信じているのが不思議でなりませんでした。
なぜ家事と経理の重労働に耐えられなかったという発想に至らなかったのか。

普通に考えて経理をしながら社員15人と萬平・福子の家事を1人でこなすのは無理があります。(赤津はいるものの肝心なところで役に立たない)
今まで2人でやるのもしんどくてタカちゃんや赤津に手伝いを頼んでいるのにどうして一人で勤まると思ってるの?
お母さんをなんだと思ってるの?
確かに鈴さんは一言多いし嫌味なことを言って見ていてイライラすることもあるけど、この扱いはかわいそうすぎた。

でも鈴さんも鈴さんで娘の臨月に家出するってのもなー。
そういうところがワガママだと思われてしまう理由でもあるよね。

ただ鈴さんの重労働の件は娘である福子が気にかけてやるべきだったのではないかと思いました。
一緒に家事をやってきたなら辛さはわかるでしょう。
自分が家事ができないからお母さんやってね。じゃなくて誰かかわりの人でも雇えばいいのに。

結局福子のお産で帰ってくることになった鈴さんですが
重労働に耐えきれなかったことはうやむやなままで業務内容を改善してくれないのはちょっとかわいそうでした。

忠彦さん、鈴さんの扱いをよく分かっている

忠彦さんが鈴さんの扱い方をよく分かっている件。

忠彦さん曰く「あのお母さんには反論してはいけない。何言われても、そうですねそうですねって頷いてあげないと」

本当にそれ!
よく分かってるね。
鈴さんも忠彦さん達と暮らしたほうが幸せなんじゃないかな?

絵のモデルにもなってたし姑婿問題うまく行ってる様子。
たしか以前鈴さんは忠彦さんについて「絵なんて辞めて真面目に働け」ばかり言っていましたが‥。そんな彼が今では1番鈴さんを理解してくれてる人だから面白い。

忠彦さんって人の気持ちがよく分かるし福子や真一に対して気遣いもできる。
克子が忠彦さんを好きになったのがよく分かる。めちゃくちゃいい人ですね。

神部さんとタカちゃん問題

まさかの神部さんとタカちゃんがいい感じに。

鈴さんが家出したことでタカちゃんが春休みの間住み込みでずっと働いてくれることに。
大喜びの小松原・増田・堀でしたが、タカちゃんがいい感じになった相手はまさかの神部さん。

タカちゃんが一人で洗濯物を干しているところを神部が手伝いをしたことで絆が更に深まり出すのですが‥

抜け駆け以前に手伝い出来る時間なんてあったのかよ!なんで鈴さんのことは手伝ってあげなかったのwwww

「洗濯物こんなにぎょうさんあるんか!?」「今まで考えたこともなかった」はひどすぎる。

神部さんは1番古くからタカちゃんを知ってるので面倒を見るつもりで洗濯物の手伝いをしたのでしょうけど、それがきっかけで好きになっちゃったんでしょうね。
しかしまさか26歳が16歳を好きになるとは。

 

まんぷく9週目のあらすじ

男の子を出産した福ちゃん。しかし萬平さんは、神部さんを初めとした何人かの従業員と一緒に、「ダネイホン」と名付けた新しい栄養食品の開発にすっかり夢中です。家族で過ごす時間が少しでも欲しいと願う福ちゃんでしたが、不満を持っているのは自分だけではないと気がつきます。「ダネイホン」開発チームに選ばれなかった「塩作り組」は、萬平さんが自分たちのことは見向きもしてくれないと腹を立てていたのです。不満のたまった「塩作り組」はある日、倉庫でとんでもないものをみつけます。まさかそれが、進駐軍を巻き込んだ大きな事件の引き金になるなんて…。(公式ホームページ引用)

 

「ダネイホン」開発チームに選ばれなかった「塩作り組」が腹を立てる。

大いにわかります。
これは萬平さんが4人の社員を立花営業職品研究室に配属した時から思ってました。
どういう経緯で神部以外の3人を選んだ理由がわかりませんが、そこをきちんと説明をしないと選ばれなかった社員達がいい気がしないのは当たり前ですよね。

鈴さんの件と言い萬平さんはちょっと鈍感すぎな気がする。

あと予告映像で気になったのが真一さんが立花塩業の社員になるのかと思われるような発言。そして咲姉ちゃんがまた鈴さんの夢枕に立つようで。
とりあえず来週は咲姉ちゃんの姿が拝めるというわけですね!それだけでも楽しみです。