漫画『凪のお暇』4巻までのネタバレあり感想と考察。28歳無職のリアルな生活を描く‥!

 

ウェブ広告で気になったのですがめちゃくちゃ面白かったです。
アラサー女子には是非読んでほしい一冊でした。

 

漫画【凪のお暇】とは?

『Eleganceイブ』にて、2016年8月号から連載中のコナリミサトによる漫画。
第8回ananマンガ大賞受賞。第11回マンガ大賞ノミネート作品第3位。
累計部数は100万部を突破しているヒット漫画。

 

『凪のお暇』を試し読みする!凪のお暇 1巻 コナリミサト

 

漫画【凪のお暇】あらすじ

場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪、28歳。仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出したけど…。元手100万、人生リセットコメディ!!(引用元

 

漫画【凪のお暇】登場人物

大島 凪

必要以上に空気を読んで結局は自分が損をしてしまう。
心が優しいが上に貧乏くじを引く主人公・凪。

とある出来事をきっかけに仕事を辞め、東京郊外の家賃3万円のアパートに引っ越すことになる。

我聞 慎二

凪の元カレ。営業部のエース社員。
自身と正反対で空気を読むことにいっぱいいっぱいになっている人間らしさや、早朝に起きて縮毛をストレートに整える健気な姿を目の当たりし、凪に心から惹かれるようになる。
一方で心から惹かれるからこそモラハラのような態度で凪に接してしまい、凪の退職や断捨離生活の原因となる。

ゴン

凪が引っ越したアパートの住人。凪の部屋の左隣に住んでいる。
刺青にロン毛姿で、凪の彼への当初の印象は「リア充」。
根っからの人たらしで『モーゼの海割り』や『メンヘラ製造機』などの通り名がある。

うらら

凪が引っ越したアパートの住人。凪の部屋の右隣に住んでいる。
母子家庭で凪の幼少期と似た部分があるが「母親のことが大好き」という点が凪とは異なっている。
当初は大人びた発言は子どもらしからぬ達観した発言が目立ったが、それはよその子どもと自分を比べて妬んでしまう心を抑えるためであった。

うららの母

うららの母親。
未亡人のため女手1つでうららを育てる。
うららの同級生の親たちには『何かをオブラートに包んだ女たちのじんわりリンチ』に遭ったりと母子家庭のことで色眼鏡で見られたり、綺麗で儚げな雰囲気があるため「男を味方につけて生きている」と誤解されることも。
そんな下世話な噂話をする同級生の親たちにうららは『ファンションビル』の建設を男たちに混じりバリバリと働いている母親の姿を見せることで圧巻させた。

凪の真上の階の老女

凪が引っ越したアパートの住人。凪の部屋の真下に住んでいる。
自動販売機の釣り銭を漁ったりパン屋さんにパンの耳をもらったりして生活をしている。
部屋に彼女の洗濯物が落ちてきたことがきっかけで部屋に入れてもらい、凪は彼女が日々の生活を工夫し楽しく過ごしていることを知る。

坂本龍子

凪がハローワークで出会った休職中の女性。
凪が勇気を持って話しかけたことで仲良くなるが、お茶に誘うと『幸運になる石』を勧めてくる。
実は悪気はなく、本気で石が素晴らしいものだと思っている様子。石の勧誘を続けることで友達がいなくなり凪にも石の話をするか悩んだ末の行動だった。
そんな彼女の気持ちを悟った凪は「そうゆうの抜きならまた会ってお話ししましょう」と言葉をかけ、以後ハローワーク帰りに公園で談笑したり恋バナをする仲となる。

実は高学歴であるが地頭がよくなく就活にことごとく失敗。

 

漫画【凪のお暇】感想・考察

日常生活の節々に「空気を読まなきゃ」と感じることがある。女性同士の会話だと尚更そうである。
この漫画はそんな「空気を読む生活」に疲れた主人公がお暇をもらい(つまり無職になり)自分を見つめ直す物語である。

以下、ネタバレを含みますので未読の方は注意してください。

会社での凪

会社の同僚と笑顔で嫌味を言い合うギスギスとした雰囲気。

人間の闇を感じた。

女性なら誰しもが経験したことがあるであろうこの人間関係のめんどくさがリアルすぎて身震いしました。

自分のミスで凪が部長に怒られてるのに「なんかさー『みんなの前で大島さんみたいな大人しい子叱りつける暴れ馬な俺』的プレイ楽しんでない?キモイってはっきり言った方がいいよ」と言っちゃう同僚女子。

(凪のお暇 引用)

い、いる〜!
自分が悪いことを棚にあげて話すり替える女いるよね‥。
凪の立場からしてムカつくのは部長よりもあなたよ!!!

他にもランチタイムはデュエルタイムで素早くカードを出せなかった凪は女たちのサウンドバックにされます。
リアルすぎる。このやんわり嫌味の言い合い。
凪の気持ちが分かりすぎるよー‥。

(凪のお暇 引用)

「転職匂わせたらソッコー泣きつかれちゃってさー」が1番やばい!
現実世界にいたら痛い気もするけど・・・・。

凪と慎二

凪の元カレである我聞さん、こじらせすぎです。

営業部のエースで会社中の人気者。高スペックの慎二ですがとにかくこじらせてます。

凪が会社を辞め、物も人間関係も全て断捨離して家賃3万のアパートへ引っ越す原因となったのは慎二にあります。
凪は慎二が同僚社員と凪と会うのは性行為だけが目当てだと話しているのを目の当たりにしたことで、過呼吸に陥り、即日会社を辞めてしまったのです。

(凪のお暇 引用)

でも会社での凪を見る限り同僚女子との人間関係などもう限界だったし全て慎二に原因があるとは思わないけどね。

まず、この慎二が同僚たちへ凪と会うのは性行為だけが目当てだと言っているシーンを見て「マジでこの男ないわ」と思ったのですが
それはおちゃらけて言っているだけで実際にはかなり凪のことを好きみたいです

凪の引越し先の住所を聞き出して片道1時間かけてやってきたり
凪に「ありのままの私をあなたは愛してくれなくていいから 今後一切私に関わらないでください」と言われても「お前は絶対変われない その様を見ててやるよ」と関係を切ろうとせず、その帰り道ではボロ泣きするほど。

正直に言う。
読者から見れば、ここまで凪を好きでいる我聞慎二くんめちゃくちゃ可愛い。
そして胸キュンの嵐。

凪がゴンの言葉に影響されていると嫉妬してゴンに見せつけるようにキスしちゃったり、凪とゴンがヤっちゃてると知ったら凪を諦めさせようと説得したり泣いちゃったりこじらせ過ぎて可愛すぎる!!!

つき合うきっかけはまっすぐストレートの髪の女性が好みだったという、見た目から入った恋でしたが
徐々に好きに凪を好きになっていく過程がなかなか濃い。
自身と正反対で空気を読むことにいっぱいいっぱいになっている人間らしさや早朝に起きて縮毛をストレートに整える健気な姿を目の当たりして、慎二は凪に心から惹かれるようになるんですけど、それってなかなか深いところまで好きですよね。

(凪のお暇 引用)

しかし凪の立場からするとただのトラウマであり
彼の心情を知らない者からすれば慎二の態度はモラハラである。

つき合っていた相手に影であんなことを言われていたと知ったらショックで寝込むレベルだし
つき合っている最中も肝心なことを言ってもらえないせいで価値観の違いを感じていたとなるといい思い出はほとんどないですね。

この肝心なことを言わないところが慎二のマイナス点ですね。
会社や取引先の人たちには相手が求めている言葉を言えるのに、なぜ凪にだけ素直に気持ちを伝えれないのか‥。
好きな相手には素直になれなくて意地悪言っちゃうってマジで発想が小学生!

この小学生みたいな行動のせいで自分で自分の首を締めていることに早く気づいてくれ。
この2人のことは応援してるけど、今のところ全く凪に好かれてないのでもうちょっと頑張って欲しいです。

凪とゴン

一緒にいるともてなしてくれて、その時自分が1番欲しい言葉をくれる、部屋の合鍵もすぐに人に渡しちゃう。
そんなゴンにやられて横たわる老若男女の屍を称して『モーゼの海割り』という通り名がついているほど。
他にも『メンヘラ製造機』の通り名がある。

そんなゴンの隣の部屋に住む凪。
自分の1番欲しい言葉をくれるゴン。次第に惹かれていき、身体の関係を持ってしまう。

自分たちがつき合っているのかどうか悩む凪に、ゴンの仲間であるエリィが「ゴンとうまくヤっていくコツは適度な距離を保つこと。依存は禁物」とアドバイスします。

つまりゴンは誰にでも優しいし誰とでもヤっちゃうし誰にでも合鍵渡しちゃう男でありました。
しかも厄介なのが悪気が全くないところ。
「目の前にいる人には誠実。目の前にいない人には不誠実」というエリィの言葉通り「みんなを幸せにしたい」と言った感じで求められたら断れないというタイプみたいです。

ゴンにハマっていくにつれて凪がメンヘラ化していく様子もなかなかリアルでした。
こういうメンヘラ女子よくいる‥。遊び人にハマった女子や彼氏に浮気された女の子によくある症状が‥。
ゴンには悪気がないところが余計にメンヘラ達を苦しめるし沼にハメられちゃうよね。

凪は(ゴンを諦めるように説得する我聞から凪を守ろうとした)うららとうららの母のおかげで目を覚まし、ゴンに別れを告げることができてメンヘラから脱出できたのですが
今度はゴンの方が凪に惹かれたような描写があった驚いた。

今までメンヘラ落ちした女子達はゴンを害悪なドラックのようだと言っていましたが凪は「フライパンにいっぱい焼いたちぎりパンみたいな人」「欲求不満な成人男性にとっての妖艶でミリなのでjてきな女子中学生」などの例えでゴンを表します。
そしてゴンに別れを告げるのですがゴンは「凪ちゃんって面白いな」「ラッキーゴーヤだって教えてくれたのも凪ちゃんだった」「凪ちゃんは壊れないかもしれない。凪ちゃんの通過点にはなりたくない」と凪に惹かれ出したようでした。

ここに来てかーい。
フラれて凪の良さに気づいたみたいです。

ゴンさんは魅力的なキャラクターだとは思うのですが私は苦手かも。
悪気がないとはいえ同時に複数の人と関係持っちゃうとかちょっとおかしいし、自分がしていることで人が傷つくという発想に至らないところが謎。
「凪ちゃんは壊れないかもしれない」ではなく「凪ちゃんを壊したくない」と思えるようになってから出直してください。

結局はモテモテヒロインである凪

最初は会社での人間関係や就活での出来事、親との関係などのストレスがリアルに描かれていて読んでいてしんどかったけど、凪さんなかなか王道ヒロインです。
慎二にはめちゃくちゃ愛されてるしゴンさんとも今後展開ありそうな予感。

作中で凪は少女漫画を読みながら
「少女マンガの主人公はどの子も根っこは純粋で 友達想いだったり 部活に一途だったり ひたすらひたむきだったり はたまた不思議な力を持っていたり 愛される理由が必ずある」
と言ってましたが、凪も割と当てはまっている気がする。

根っこは純粋で、友達想いで、ひたすらひたむき、不思議な力も持ってるような気がするし、凪には十分に愛される理由がある!!!!
そもそも性格いいからこそ空気読みすぎてたんだろうし、アパートの住人や坂本龍子と関わることで着々と自分を見直して前に進めている(ゴンの件は別件ということで)。

よくよく考えたら愛されヒロイン要素だらけじゃん。
性格いいし頑張り屋さんだし胸も大きいし。

結局凪はヒロインであってわたしたちとは違うのだ。

そもそもわたしたちは営業部のエースとつき合ったことないしイケメンでちょっと変わり者のDJとお近づきになったこともない。凪と違ってカードを1枚も持ってなかった。はー。凪ちゃん羨ましいー。
しかし元々高スペックで無意味に明るい愛されヒロインよりかは感情移入できるのは確か。これからも本作読んで夢見させてもらいます。