病室で念仏を唱えないでください4話ネタバレあらすじ感想!まさかの鬱展開。次回ではクズ義父に厳罰を希望!5話あらすじも

 

成瀬

『病室で念仏を唱えないでください』4話を見たのでネタバレと感想を書く。

後半が重すぎてビックリした。
ここまで衝撃エピソードをぶっ込んでくるとは😩

『病室で念仏を唱えないでください』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『病室で念仏を唱えないでください』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

『病室で念仏を唱えないでください』感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話

 

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』基本情報

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマである。
主演の伊藤英明は『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来、12年ぶりにTBSドラマの主演を務める。
原作はビッグコミック増刊号で現在も連載中のこやす珠世による同名漫画。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – こやす珠世 『病室で念仏を唱えないでください』
脚本 – 吉澤智子
音楽 – 井筒昭雄
主題歌 – 三浦大知「I’m Here」

松本照円(照之) – 伊藤英明
濱田達哉 – ムロツヨシ
児嶋眞白 – 松本穂香
田中玲一 – 片寄涼太
吉田太郎 – 谷恭輔
長見沙穂 – うらじぬの
堀口瑠衣 – 土路生優里
宮寺あや – 土村芳
瀬川修二 – 安井順平
藍田一平 – 堀内健
おばちゃん – 宮崎美子
澁沢和歌子 – 余貴美子
宮寺憲次 – 泉谷しげる
玉井潤一郎 – 萩原聖人
三宅涼子 – 中谷美紀

 

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』4話 あらすじ

緊急オペを終えスタッフルームに戻ってきた松本(伊藤英明)はじめとする救命救急のスタッフたち。松本は、心臓血管外科医の児島(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。だが、疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)から、「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方を反対される。それは、部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、ヘルプで参加した整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じず、言い合いになってしまう。その夜、手術が成功しホッとしていた児島に、濱田(ムロツヨシ)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてきた。術後の後遺症も考えられるので早急なオペが必要とされ、松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向った。だが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまい、手術中止を訴えてくるのだった。

ある日の夜、ジム帰りの松本は、小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

その夜、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ、女の子が運ばれてきた。その子は、以前公園で虐待を疑った少年・凱斗の姉・愛羅(石田凛音)だった。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

研修医・田中玲一(片寄涼太)が「手術しても植物状態」と発言しているのを聞いた奈穂(中島ひろ子)は、夫・長沢功一(本並健治)の手術の中止を訴える。
田中は医者の息子で救急に入る意思はないみたい。
そして松本(伊藤英明)とも意見の違いで衝突する。

長沢の娘・沙織(美山加恋)が間に入り、長沢は手術は受けることになった。
しかし意識は戻らない。
病室に近づかなかった妻・奈穂だが、掃除のおばちゃん(宮崎美子)は奈穂が病院にいるのを知っていた。

 

意識の戻らない夫に話しかける妻。
浮気ばかりの夫を許せなかったが、こんな姿を見せられるのは自分だけだという。
「これからはわたしの指示に従ってもらいますからね」
そう話しかけると・・・旦那のゆびがピクリと動く!
奇跡が起きた!?

 

そんな長沢家族の様子を見た田中(片寄くん)は救急に残ることを決意。

 

松本穂香も救急に入る意思を固めたようだけど・・・そんな時に、先日、伊藤英明が助けた虐待されている男の子・品川凱斗(齋藤絢永)の姉・愛羅(石田凛音)が小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ運ばれてきた。

 

愛羅はひどい腹痛を訴えている。
「お父さんは悪くない」と呟く愛羅。
なんと愛羅は子宮外妊娠をしていた。
しばらくして愛羅は亡くなる。

 

泣き崩れる植木先生。
しばらくしてギャルみたいな母親とチャラい男がやってきた。
チャラ男が愛羅の義理父のようだ。

 

植木先生はチャラ男に詰め寄る。
「あんた愛羅になにをしたんだ!」
「あいつ・・・なんか言ったのか。子供が言ったことを信じるのか。あいつが誘ってきたんだよ」

 

チャラ男の発言を聞いて伊藤英明は激怒!チャラ男をぶん殴る!

 

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』4話 感想・レビュー

油断してた。
こんな重い内容ぶっ込んでくるとは思わんかったw

病気やケガでの重いエピソードは覚悟しててもこんな病み展開は想像もしてなかったです。
救急なのでいろんな事情を抱えた患者さんがやってくるよね🙄

もちろんその中には事故や事件に巻き込まれてケガした人たちもいるわけで・・・。
その中でも今回は最悪な性被害者が運ばれてきたわけだよ。
そして亡くなってしまった。

どうか次回では極悪性加害者のクズチャラ男が逮捕されていますように。

予告文を読む鍵だりだと伊藤英明の方も警察に逮捕されて病院でも無期限の出勤停止処分を受けるみたいですが(΄◉◞౪◟◉`)
まあどんな理由があっても人を殴ってはいけませんもんね。

でもあの場にいた全員が松本ナイスって思ったはずだよ。
そんくらいむごい出来事だった。

ところでこのドラマってすごい詰め込み方してくるよね🤔
メッセージ性があるのは分かるんだけどいくらなんでも詰め込みすぎでは?

そのせいか毎回ムロツヨシと松本穂香の印象が薄いんだよなぁ。
松本穂香が救急に入ることを決意したことは覚えてるけど、どうしてそんな伊藤英明を慕っているのか思い出せないもん^^(わたしの記憶力の問題ですw)

今回も最後のエピソードが衝撃すぎて浮気夫のエピソードが薄れたしね。
片寄涼太くんも親と確執があるようだし色々盛り込んでくるじゃんかw

しかし救急の現場は慌ただしいと聞きますし詰め込みすぎな方がリアルな気もする。
ってことでこれはこれでいいのかも。わたしの印象には残らないけどw

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』5話 あらすじ

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/)