病室で念仏を唱えないでください5話ネタバレあらすじ感想!あのクソ親父にも妥当な処分を頼むよ。6話あらすじも!

 

成瀬

『病室で念仏を唱えないでください』5話を見たのでネタバレと感想を書く。

『病室で念仏を唱えないでください』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『病室で念仏を唱えないでください』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

『病室で念仏を唱えないでください』感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話(最終話)

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』基本情報

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマである。
主演の伊藤英明は『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来、12年ぶりにTBSドラマの主演を務める。
原作はビッグコミック増刊号で現在も連載中のこやす珠世による同名漫画。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – こやす珠世 『病室で念仏を唱えないでください』
脚本 – 吉澤智子
音楽 – 井筒昭雄
主題歌 – 三浦大知「I’m Here」

松本照円(照之) – 伊藤英明
濱田達哉 – ムロツヨシ
児嶋眞白 – 松本穂香
田中玲一 – 片寄涼太
吉田太郎 – 谷恭輔
長見沙穂 – うらじぬの
堀口瑠衣 – 土路生優里
宮寺あや – 土村芳
瀬川修二 – 安井順平
藍田一平 – 堀内健
おばちゃん – 宮崎美子
澁沢和歌子 – 余貴美子
宮寺憲次 – 泉谷しげる
玉井潤一郎 – 萩原聖人
三宅涼子 – 中谷美紀

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』5話 あらすじ

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

松本(伊藤英明)は憲次(泉谷しげる)と飲みに行く。
そこで泉谷しげるは、息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと伊藤英明を励ます。

 

息子が死んだことで伊藤英明が医者になったことに繋がってそれがたくさんの人の命を救うことにつながった。
それで息子が生きていた意味に繋がったと泉谷しげるは言ってくれた。
そして伊藤英明のことは息子のように思っていると・・・いい話に涙を流す伊藤英明。

 

泉谷しげるとの飲みの帰りにビルの工事現場で事故を目撃した伊藤英明は救助を手伝おうとするが・・・医者だと信じてもらえないw
そこへ救急搬送にきていた三宅(中谷美紀)たちと出くわす。
やっと医者だと信じてもらえた伊藤英明は中谷美紀らと合流して病院へ向かう。

 

そのまま手術にうつるのだが伊藤英明は謹慎中・・・。
そこへ院長(余貴美子)がやってきて伊藤英明の謹慎をとく。
どうやら萩原聖人が伊藤英明の復帰を交渉してくれていらしい。

 

手術は成功。
しかし患者は保険金目的の自殺未遂だった。
三宅は命を救うのが医師の仕事だと患者を諭す。

 

復帰した伊藤英明は僧侶の師匠に、少女を虐待していた義父を殴ったことを反省はしているが後悔はしていなかったが、謹慎中に助けられた命もあったかもしれないと思うと後悔していると話す。
そして少女を救えなかったこと、1分でも10秒でも多く長く生かして笑顔できなかったことを悔しく思うと・・・。
あの男を殴ったのは自分の無力さを正義ぶってぶつけただけだった。「自分の我」だと言う。
「医師として頑張ってきます」

 

そして・・・・泉谷しげるの肺がんが判明する。

 

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』5話 感想・レビュー

戻ってこられてよかった(´・ω・`)
あのクソ親父を殴っただけでクビだったら暴れていたよ。
あの場にいた全員が伊藤英明のことをナイスと思ったことは間違いないもんね。

かと言って人を殴っておいて何の処分もナシって訳にもいかないので妥当な処分だったのではないでしょうか?
で、あのクソ親父にも妥当な処分を頼むよ・・・・日本の司法。
ドラマ的にクソ親父の今後は分からないけど、少女の苦しみを考えると死刑になってほしいレベル。。。。

このドラマ。伊藤英明の成長物語のようですね🙄
患者さんよりも伊藤英明の心の葛藤がメイン。
患者たちがその後どうなったとかあんまり関係ナシに医師側がメイン。

言っちゃ悪いけど5話で虐待されて亡くなった少女も伊藤英明が成長するための素材だもんなぁ。
2話で溺れた中学生もそうだし、4話で亡くなった消防隊員も中谷美紀を成長させる要素。
フィクションにそれ言ったら全部そうなっちゃうわけだけど、他の医療ドラマのように患者さんサイドも掘り下げてほしいかも

医者サイドのエピソードは泉谷しげるだけで十分(´・ω・`)

 

 

スポンサードサーチ

『病室で念仏を唱えないでください』6話 あらすじ

幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から、手術では取り除く事が出来ない肺腺癌にかかっていることを告白された松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。だが、医者として治療を薦める松本は、憲次は「お坊さんとしてなら?」と問われると、延命治療をせず親族に看取られ亡くなった石川の姿が脳裏をかすめ、医者として、僧侶として思い悩む。

あおば台救命救急センターのスタッフルームでは、転科してきた児嶋先生(松本穂香)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。すると、いつものようにホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性二人を受け入れることに。さらに、新たにボウリング場でケガをしたという40代の男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、なんと整形外科医の藍田先生(堀内健)だった…!?

松本・児嶋・吉田(谷恭輔)・長見(うらじぬの)らが懸命に処置を続けていると、先にホットラインが入っていた倒壊事故により意識がない患者・和田洋平(吉沢悠)が搬送されてきた。アラーム音が響く危機的状況の中、洋平の処置に入った三宅(中谷美紀)は愕然とする…。

ある日、濱田(ムロツヨシ)は、理事長の澁沢(余貴美子)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人御代田(藤井隆)の手術を持ち掛けられる。 いよいよオペの日、オペの見学に行った児嶋は、患者のある異変に気が付く…。
(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/)