真犯人フラグ1話感想ネタバレあらすじ!これだけの情報で考察できてるお前らまじですごい!2話あらすじも!【ドラマレビュー】

 

成瀬
こんにちは。成瀬です!

出遅れましたが【真犯人フラグ】1話を見たのでネタバレと感想を書きます\(^o^)/

少し考察してみたけど、まだ1話なので全く分かりません😊

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

 

スポンサードサーチ

【真犯人フラグ】基本情報

秋元康が企画・原案を勤める「日曜ドラマ」。
2019年4月から9月期に放送された『あなたの番です』の制作陣が再集結して制作され、同様に2クールで放送される。
主演は日テレ連続ドラマ初主演の西島秀俊。

放送開始日 2021年10月10日
放送枠 日本テレビ系列「日曜ドラマ」
公式サイト https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/

キャスト/スタッフ

企画・原案 – 秋元康
脚本 – 高野水登
演出 – 佐久間紀佳、中島悟(AX-ON)、小室直子
主題歌 – Novelbright「seeker」

相良凌介 – 西島秀俊
二宮瑞穂 – 芳根京子
橘一星 – 佐野勇斗
菱田朋子 – 桜井ユキ
ぷろびん / 徳竹肇 – 柄本時生
本木陽香 – 生駒里奈
山田元哉 – 柿澤勇人
館野三郎 – 浜田晃
館野志乃生 – 丘みつ子
望月鼓太朗 – 坂東龍汰
落合和哉 – 吉田健悟
鴨井晴子 – 小林きな子
小峯祐二 – 森田甘路
目白小夏 – 渥美友里恵
富山芙由子 – 中西美帆
石川あきの – 町田愛
両角猛 – 長田成哉
上原啓太 – 竹森千人
相川誉 – 南彩加
海江田順二 – BOB
金城三伸 – 青木瞭
林洋一 – 深水元基
井上幸作 – 戸田昌宏
相良光莉 – 原菜乃華
相良篤斗 – 小林優仁
阿久津浩二 – 渋川清彦
日野渉 – 迫田孝也
太田黒芳春 – 正名僕蔵
河村俊夫 – 田中哲司
相良真帆 – 宮沢りえ

 

スポンサードサーチ

【真犯人フラグ】1話 あらすじ

中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。一家は団地住まいだが、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

ある雨の日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入る。このままでは配達が滞ってしまうため、凌介は事後処理に追われるものの、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートで事なきを得る。
その晩、凌介が帰宅すると、家に誰もいなかった。真帆と光莉の携帯に連絡しても、つながらない。3人で映画にでも行ったのか…?凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出す。凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、開店祝いでサークル仲間が集まることになっていたのだ。凌介は、日野の店へ向かう。

凌介が店に着くと、すでに他の友人たちは帰った後で日野が片付けをしていた。学生時代に戻った気分になり、はしゃぐ凌介と日野。日野は、おどける凌介と写真を撮る。そこに河村も合流。河村は今最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長。
3人で楽しく飲み、深夜、帰宅した凌介は異変に気づく。真帆たちは、まだ帰っていない。すぐさま真帆の母・志乃生(丘みつ子)に連絡するが、3人は実家にも行っていなかった。
夜が明けても、真帆たちは帰ってこない。真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、前日の夜にご飯が炊けていたと気づく凌介。帰って夕飯を用意するはずだったのだ…!

凌介は警察に届け出る。しかし、家出の可能性もあり緊急性が認められないと言われてしまう。凌介は真帆のパート先や光莉と篤斗の学校を訪ねて周囲の人々に話を聞いて回るものの、手掛かりはつかめない。困り果てた凌介は、河村に相談。事件性を感じた河村は「記事にすれば注目されて警察も動くかも」と、週刊追求で記事にすることを提案。戸惑いつつも、凌介はその提案に乗る。河村の手腕で、真帆たちの失踪は事件として注目され、凌介に同情の声が集まる。しかし、あるSNSの投稿をキッカケに、凌介は“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”へ…!愛する家族を取り戻すため、“真犯人”と“世間の目”との闘いが始まる―――!!

(公式HP 引用 https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/story/01.html)

【真犯人フラグ】1話 ネタバレあらすじ

週刊誌の記事になったことで、相良凌介(西島秀俊)に世間の同情は集まる。

 

しかし、家族がいなくなった日、日野(迫田孝也)が涼介との飲み会の様子をSNSにアップしていた。
そのことをユーチューバーぷろびん(柄本時生)が動画で拡散。
夫婦仲がうまくいっていなかったのではないかと動画内で推理する。

 

さらに、ぷろぴんは涼介の胸ポケットに入っていたボールペンから涼介が働いている運送会社を特定。
運送会社に勤める涼介ならトラックで家族を運べると考察する。

 

「旦那が殺したんじゃないの?」

 

そんな中、残業中の涼介宛に荷物が届けられた。
宛先も送り元も涼介の名前だった。

 

開けると、【お探しものです】と書かれた紙が入っていた。
紙の下には、サッカーユニフォームを着た子供が冷凍されていて・・・!?!?

 

 

スポンサードサーチ

【真犯人フラグ】1話 感想レビュー

公式が考察とか煽ってるからめちゃくちゃ楽しみにしてた!
けど、まだ全然分かんねぇ(΄◉◞౪◟◉`)

「あな番」がヒットしたから考察班を煽りたいのかなぁ🤔
とりあえず1話は様子見です。

ちょいちょい「ここ怪しいのでは?」と思えるシーンはあったけど、怪しい人物どころか登場人物すらまだ覚えれてない🤦‍♀️

あな番はマンションの住人から犯人を探すって分かりやすい設定だったから楽しめたのかも。

成瀬
これだけの情報でもう考察はじめてるお前らマジですごいな!

【真犯人フラグ】1話を少し考察

とりあえず少しだけ考察というか、引っかかった点をあげておく。

  • 真帆(宮沢りえ)は凌介(西島秀俊)にウソのパートの時間を教えていた。
    パート後、いつもは買い物して帰るのに真っ直ぐ帰っていた。
  • 涼介が駅で謎の女・本木陽香(生駒里奈)に絡まれている時、スマホで盗撮されていた。
  • 篤斗(小林優仁)に持たせたGPSは小学校内で反応があった。
    学校内で探してみるが、GPSと篤斗のユニフォームの切れ端だけが見つかる。

ちょいちょい話題に出てくる『エリンギサンタ』も何か関係してくるのだろうか?
前妻と後妻が遺産狙いで手を組んでいた殺人事件のようだけど・・・。
なんだか紀州のドンファン思い出しますね、あれはめちゃくちゃ怪しい人が犯人でしたが🙄

真帆がパートの時間のウソをついてたいのはかなり引っかかてる。
仕事の時間のウソをついたってことは、やはり不倫なのかな?

不倫相手は住宅メーカーの林さんが怪しいw
記念写真のときやけに真帆と距離が近かったし。
住宅メーカー勤務だから真帆たちを匿う(もしくは監禁する)家の手配もできるし。

涼介が謎の女に絡まれて(人違いされて)盗撮されているのも意味深だった。
これは不倫のデッチ上げでもされていたのかな〜と推測しています。
不倫の証拠写真さえ撮ってしまえば涼介を悪者にして安全に離婚できるもんね🤔

とまあ、気になる点がいくつかありましたが・・・違和感をあげてもほとんどがミスリードなんだろうな〜。あな番みたいに。

とりあえず、共犯者を2クール目から登場させたりとかをやめてくれたらなんでもいいよw
わたしは尾野ちゃんや桜木るり、久住のミスリードは全く怒ってないしむしろ面白かったと思ってるので。大体のことは笑って許せる。

成瀬
まだよく分からないのでしばらくは様子見。

 

 

スポンサードサーチ

【真犯人フラグ】2話 あらすじ

『お探しのものです』と書かれた荷物が届いたことで、一気に警察が動きだし、犯人扱いされる凌介(西島秀俊)。荷物のことは発表されなかったものの、マスコミの取材攻勢は、激しくなる一方だった。情報番組では、日野(迫田孝也)のインタビューが流れる。凌介の家族仲が良かったなど好意的な話をするが、一部の発言だけが切り取られ、「家庭崩壊」、「DV夫」、「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。

出社早々、「やってないんだよね!?」と部長の太田黒(正名僕蔵)から迫られた凌介は、きっぱりと否定する。しかしカスタマーサービス部には、9時の始業と同時に「DV夫に荷物を運ばせるな」「殺人犯を匿うつもりか!」などとデマを真に受けた苦情電話が殺到。集荷キャンセルの電話も次々とかかってくる。原因は、YouTuberぷろびん(柄本時生)が投稿した動画だった。

真帆(宮沢りえ)たちの失踪は、3人を殺した凌介の自作自演だと煽り、職場が晒されている。すでに再生数は10万回超え。苦情電話の対応に追われ、カスタマーサービス部は大混乱。凌介は太田黒から、厳しく責任を追及され…。瑞穂は、会社のためにも真帆たちを探す手伝いをすると凌介に言う。そんな二人を何者かが見つめていた――。

凌介は団地の住民たちからも白い目で見られ、ポストは嫌がらせのビラで満杯に。皆が遠巻きに凌介を見つめる中、真帆のママ友で整体師の朋子(桜井ユキ)が声をかける。朋子は団地に引っ越してきたばかりで心細かった頃、明るく話しかけてくれた真帆に感謝していた。朋子は凌介に、力になれることがあったら言ってほしいと告げる。
そんな中、真帆たちの最後の足取りが判明し……!?

(公式HP 引用 https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/story/01.html)