竜の道二つの顔の復讐者2話ネタバレあらすじ感想!高橋一生の逆ハニートラップにかかる松本まりかが見たい!3話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「竜の道」2話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話(最終回)

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」基本情報

白川道のハードボイルド小説を玉木宏、高橋一生のダブル主演でドラマ化。
顔を整形して名前を変え、裏の社会で暗躍する矢端竜一が、双子の弟・竜二とともに、両親を死に追いやった運送会社社長への復讐を描く。
原作は未完のためドラマではオリジナルの結末が描かれる予定である。

スッタフ・キャスト

原作 – 白川道 『竜の道』
脚本 – 篠崎絵里子、守口悠介
音楽 – 村松崇継
オープニング曲 – ビッケブランカ 「ミラージュ」
主題歌 – SEKAI NO OWARI「umbrella」

矢端竜一 – 玉木宏
矢端竜二 – 高橋一生
吉江美佐- 松本穂香
霧島晃 – 細田善彦
遠山凛子 – 奈緒
砂川林太郎 – 今野浩喜
大友由伸 – 渡辺邦斗
曽根村始 – 西郷輝彦
霧島まゆみ – 松本まりか
霧島芙有子 – 斉藤由貴
霧島源平 – 遠藤憲一

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道」2話 あらすじ

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一(玉木宏)。しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平(遠藤憲一)への復讐計画を知られてしまう。このままでは、すべての計画が台無しに……。もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。

そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知るよしもない。そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は……。

その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて……。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/)

ここからネタバレあらすじ

トッキー・ビーンズのコンサルを請け負うことになった竜一(玉木宏)たちUDコーポレーション。
トッキー・ビーンズの社員・砂川(今野浩喜)が顧客に謝罪して回る動画をネットにアップし好感度アップ。
炎上は見事に収まった。

 

トッキー・ビーンズの件は一段落。
源平(エンケン)もUDコーポレーションに興味を持ったようだ。

 

そんな中、竜一と竜二(高橋一生)が兄弟喧嘩をしているところを砂川に見られてしまった!
ガッツリ竜一・竜二と呼び合い、復讐について言い争っている様子を見られてしまう。
急いで砂川を追いかける2人った、逃げられてしまう・・・・。

 

竜二に会うためにホテルを訪れた竜一。
そこで成長した美佐(松本穂香)と再会する。
先日花火大会で出会ったのがミサだと知りびっくりする竜一。

 

その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃(細田善彦)に近づくことに成功。
竜二はまゆみ(松本まりか)と出会い名刺交換に成功。
そして何食わぬ顔で源平(エンケン)に挨拶する。

 

しかし鋭いエンケンさん。
「つい最近までブラジルにおられたとか。
日本に来たのはは1ヶ月足らずでしたっけ?
たったそれだけでウチの取引先をガッツリ顧客にしてそのツテでこのパーティーに現れた。
それで息子に近ずいたわけですか。
最初っからウチをターゲットにしてるみたいですね」
「おっしゃる通り、ターゲットでした。
キリシマ急便さんは日本有数の大企業ですから顧客にしたら箔が付く。
ウチのような会社が近づくには戦略が必要でした」

 

タイミングよくトッキー・ビーンズの社長と砂川が現れた!
「あの・・・キリシマ社長がUDコーポレーションに興味をお持ちだとお聞きしたのでお伝えしようと思いまして」
兄弟喧嘩を聞かれていた竜一と竜二は大慌て。
竜二がさり気なく砂川に酒をぶっ掛けて退場させようとするが・・・エンケンは砂川を逃がさない。
「なんかあるならそれ言ってからにしてもらえるかな?」
「和田さんはとても親身になってウチを助けてくれました。優秀な経営コンサルさんです」
なんとか助かった・・・!

 

パーティーが終わり、砂川を捕まえた竜一と竜二。
「誰にも言いません。聞いちゃったこと。その代わりUDコーポレーションに入れてください」
砂川は竜一に憧れているそうだ。
そして兄弟で悪を討つ2人の仲間になりたいのだと言う。

 

しかし砂川を信頼できない竜一。
コッソリ砂川のスマホにGPSアプリを仕込んだ。
遠山凛子(奈緒)の協力のもと、砂川がエンケン社長の行きつけのクラブに行くことを突き止めた。

 

クラブまで砂川を捕まえに行く竜一。
竜一は砂川を始末しようとするが、砂川は弁明。
クラブに行ったのはエンケン社長のお気に入りの嬢から情報を聞き出すためだった。
エンケン社長は新サービスがはじまる前、キリシマ急便の幹部を詰めていたそうだ。
どうやらキリシマ急便には配送トラックが足りていないらしい。
その直後、国交相の人間がクラブを訪れたと言う。

 

砂川から情報を得た竜一は竜二に電話。
クラブを訪れた国交相の人間は大河内。
キリシマとズブズブの関係の人物だった。
エンケン社長は無理にでも、トラックを増やせと幹部に命令していた。
トラックを増やすためには国交相へ届けが必要だ。
幹部は大河内に頼んで便宜を図ってもらったということだ。

 

竜二はキリシマの運行管理の届書を入手した。
新サービスのために配送トラックを増やすため運輸局に提出してきたのもだ。
竜二は、配送トラックの安全を管理する国家資格者である運行管理者の欄に注目する。
運行管理者はトラック30台に対して1人必要なのだが、キリシマはその管理者の欄に20年前と同じ名前を記入していた。
すでに退職した人物や亡くなっている人物ばかりだ。
キリシマ急便は新サービスをはじめるために不足している運行管理者を水増ししていた!

 

竜一は晃に接触。
届書の運行管理者について指摘し信頼を得る。
晃は早速、エンケン社長に不正を報告。
適正の環境が整うまで新サービスを中止するように言う晃。
「そうしていただけないのならこの件を世間に公表します」
そんな息子の態度を見て「いい跡取りができた」と言うエンケン。
負けを認めて届書を出した幹部を左遷させた。

 

晃は竜一にお礼を言い、改めてUDコーポレーションにコンサルを依頼するが・・・・竜一は晃がエンケンに切られたと直感する。
その頃、エンケンは娘・まゆみのお見合い相手として三栗谷仁志(尾上寛之)を会社によんでいた。

 

「三栗谷さん三男坊じゃけぇ、家に婿に来てもいい言うとる。新しい跡取りじゃ」

 

せっかく晃を取り込んだのに、跡取りが三栗谷では今までの努力は水の泡。
それを見越して竜二はすでに手を打っていた!
パーティーで連絡先を交換していたまゆみを食事に誘い実質プロポーズ!

 

「わたし、無駄な時間を使うの嫌いなんだけど」
「今日は将来のことを視野に入れてお話しできればと思っています」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」2話 感想・レビュー

高橋一生の逆ハニートラップが楽しみ😎
でも松本まりかが簡単に落ちるとは思えないんだよなぁ(΄◉◞౪◟◉`)

松本まりかは竜二に惚れてるのか?
性格的に竜二がハイスペだから惹かれてるだけのようにも思えるけど🤔
だけどそんなワガママ令嬢がガチで竜二に恋してるんだったら応援してやらなきゃな←
いっつも誰かを騙してる松本まりかが騙されるところも見てみたいしw

ところで、竜一&竜二の復讐のターゲットはエンケン社長だけなんだよね?
ディーンさんのモンテ・クリスト伯みたいに復讐相手の家族まで地獄に落とすのはかわいそうだからやめてあげてよ😂
まりかはまだ分かんないけど息子はめっちゃいいヤツじゃん。
父親がアレであんな立派に育ったのは奇跡w

今回も玉木宏はめちゃくちゃカッコよかったんだけど、妹を見つめる目はちょっとキモかったかなwww
玉木宏だからいいけどさ、普通の人間があんな目で見てたら気味悪がられるよ(΄◉◞౪◟◉`)

で、見た感じ竜一も竜二もミサちゃんに恋愛感情があるっぽいですね。
少なくとも竜二は兄妹以上の感情を持っているかもしれないと公式相関図に書いてあった。
血は繋がってないからいいんだけどさ・・・・個人的に義理兄妹の恋愛は苦手なので兄弟妹愛であって欲しかった!

かなり前のドラマだけど、ニノと錦戸クンと戸田恵梨香の「流星の絆」ってドラマもそんな感じだったよね。
こういうの世間が萌えるシチュエーションなんかなぁ🙄

そんな感じで「竜の道」2話もおもしろかったです^^
次回も楽しみー!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」3話 あらすじ

源平(遠藤憲一)の息子である晃(細田善彦)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座についた竜一(玉木宏)。一方の竜二(高橋一生)は、源平が娘のまゆみ(松本まりか)の婿養子として、有力政治家を父に持つ同じ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていることを知り、まゆみへ積極的にアプローチをかけ始める。

そんな中、竜二は大臣が絡む重要なプレゼン案件を任される。復讐のために出世を狙う竜二は精力的に取り組むが、なぜか不可解なトラブルが続発。そんな竜二の元を三栗谷が訪ねてきて…。

一方、美佐(松本穂香)は、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/)