竜の道5話ネタバレあらすじ感想考察!双子の兄弟愛が尊い!斎藤を殺したことを忘れている竜二w6話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「竜の道 二つの顔の復讐者」5話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを見たい人は目次から飛んでください!

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話(最終回)

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」基本情報

白川道のハードボイルド小説を玉木宏、高橋一生のダブル主演でドラマ化。
顔を整形して名前を変え、裏の社会で暗躍する矢端竜一が、双子の弟・竜二とともに、両親を死に追いやった運送会社社長への復讐を描く。
原作は未完のためドラマではオリジナルの結末が描かれる予定である。

created by Rinker
¥803 (2020/09/27 13:42:27時点 楽天市場調べ-詳細)

スッタフ・キャスト

原作 – 白川道 『竜の道』
脚本 – 篠崎絵里子、守口悠介
音楽 – 村松崇継
オープニング曲 – ビッケブランカ 「ミラージュ」
主題歌 – SEKAI NO OWARI「umbrella」

矢端竜一 – 玉木宏
矢端竜二 – 高橋一生
吉江美佐- 松本穂香
霧島晃 – 細田善彦
遠山凛子 – 奈緒
砂川林太郎 – 今野浩喜
大友由伸 – 渡辺邦斗
曽根村始 – 西郷輝彦
霧島まゆみ – 松本まりか
霧島芙有子 – 斉藤由貴
霧島源平 – 遠藤憲一
沖和紀 – 落合モトキ

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」5話 あらすじ

美佐(松本穂香)が両親の自殺の原因を知ってしまった。まゆみ(松本まりか)に近づいたのは、キリシマ急便への復讐が目的なのではないか? 美佐に問い詰められた竜二(高橋一生)は何とかその場をやり過ごすが、一方で、美佐が密かに竜一(玉木宏)を頼りにしていることに気づき、胸のざわつきを覚える。

それからしばらくして、竜二は視察という名目でキリシマ急便へ。国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料で窮地に追い込んでいき…。

一方、竜一は、晃(細田善彦)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。さらに、憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に対して「ある提案」を持ちかける。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/)

ここからネタバレあらすじ

竜一(玉木宏)は、晃(細田善彦)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていく。
まずは社内の有力者・小田嶋を味方につけようと考える。
小田嶋はトラックの損害保険会社から裏金を受け取っていた。
キャバクラにも通っていて、お気に入りの女の子いるようだ。
これをネタに小田嶋を脅して味方につけようとするが・・・・小田嶋は拒否。
あの社長相手にクーデーターは無理だと言う。

 

「社長に逆らったらクビになるじゃないですか!私には家族がいるんです!!!」
「だったらどうしてこんな不正をしたんですか?家族がいるのに女に入れあげて!」

 

しかし小田嶋は女に入れあげていたわけではなかった。
小田嶋の子どもは難病だった。そのために治療費が必要だった。
キャバクラの女性にも同じ病気の子どもがいて、情報交換をしているだけだったらしい。

 

小田嶋の子どもが病気だと知り、心を痛める晃。
しかし裏金を受け取っていたのは事実。
同情していては進めないと言う竜一。

 

そんな中、源平(遠藤憲一)竜二(高橋一生)の正体がバレた。
自分のせいで両親が自殺し、復讐しようとしているのではないかと疑う源平。
しかし竜二は「あの時はただ弱い者が強い者に負けただけだ。私は両親のような負け犬にはなりたくない」と屈辱的な嘘をつく。

 

「強い者になりたい。あなたのように。
国交相が監査さに入るかコントロールする力は私にはありません。
ですが、私はその力を御社のために使いたいと思っています」

 

源平は竜二を気にいる。
「うちの娘。案外見る目あるようですね」

 

竜一は小田嶋の家に写真を送りつけていた。
小田嶋は家族に写真を見られたと取り乱す。
晃のクーデーターのことは誰にも言わないから許して欲しいと土下座して頼む。
心が折れそうな晃。

 

竜二から源平に正体がバレたと知らされた竜一。
竜一は竜二にこの件から手を引くように提案する。
「もう源平と会って苦しまなくていい。まゆみからも手を引いてミサを安心させろ。
好きなら別にいいじゃねぇか、血は繋がってないんだから」

 

怒り出す竜二。
竜一は竜二に何かあってミサに恨まれるのはごめんだと言う。
なぜかミサの話になる2人w
竜一だってミサに怪しまれるようなことをしていると言う竜二。

 

「本当にミサを妹だと思ってるんだな?ガキの頃に離れ離れになって写真も見てなくて大人の女が目の前に現れてそれを本当に妹だと思えてるんだな?」

 

そういう竜二に、竜一は人を殺していることを打ち明ける。
ブラジルに行く前に金を奪うために社長を殺した。
だから竜二とは違う。
「だからたとえ全てが終わっても俺はもう普通の生活なんて許されない。でも思えはまだ許される。もう苦しまず、誰も苦しまず、日を当たる道を堂々と歩いていける。俺とお前はもう違うんだよ」

 

なんだかんだで、小田嶋が協力してくれることになった。
晃は竜一に連絡。
「小田嶋さんの家に写真を送ったのって和田さんですよね。責めてません・・・ただ・・」
晃も病んでいる。

 

竜二と言い争って落ち込んでいる竜一は、海辺をトボトボ歩く。
竜二が追いかけてきた。
「それでも俺はお前と行く。俺とお前は2人で1つだろ」
抱き合う兄弟。

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」5話 感想・レビュー

兄弟の抱擁シーン・・・尊い(´・ω・`)

あそこで竜二が追いかけてきてくれて安心。
竜二を思って突き放す竜一と、突き放されても追いかけていく竜二。
これぞ双子の愛(´・ω・`)

ところで、竜一。
「人1人殺してる」ってめっちゃこだわってたけど斎藤とかいう人も殺して戸籍奪ってるじゃん🙄
なんでなかったことにされてるのw

自殺志願者だったみたいだし本人に許可取ってたのかなぁ?
だとしても今の病み具合を見てると、引きづりそうなのにね。

前回ラストで松本まりかちゃんのまゆみが「愛なんか・・・いらない」と言っていたの気になっていたんだけど、あれはやっぱりコロナ対策だったんだね。
まゆみ、もう竜二にゾッコン😳
好きな人ができた途端、家族にまで優しくなっちゃって😌

そんで「ワイン美味しい店知ってるけど、今度行くなら」って素直に誘えないまゆみ・・・・可愛いすぎない?
でも竜二は美佐が好きなんだよな😩
竜二、まゆみのこと傷つけたらマジで許さないからな(΄◉◞౪◟◉`)

 

スポンサードサーチ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」6話

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/)