【オヤハル】親バカ青春白書7話(最終回)ネタバレあらすじ感想レビュー!最近の若者はフレらたら告白を冗談にしがちw

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅くなりましたが「親バカ青春白書」7話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

『親バカ青春白書』感想一覧
1話感想 2話感想 3話感想 4話感想 5話感想 6話感想 7話感想

 

スポンサードサーチ

「親バカ青春白書」基本情報

2020年8月2日から日本テレビ系列の『日曜ドラマ』枠で放送開始されたテレビドラマ。
主演はプライム帯の連続ドラマ初主演となるムロツヨシ。脚本統括と演出は福田雄一が務める。
同じ福田監督作品である『今日から俺は!!』のキャスト11名がゲスト出演すると発表されている。

トライアル期間中は無料で見れます!

スッタフ・キャスト

脚本統括・演出 – 福田雄一
脚本 – 穴吹一朗
音楽 – 瀬川英史
主題歌 – ゆず「公私混同」
撮影協力 – 明星大学
落語指導 – 春風亭昇也

小比賀太郎 – ムロツヨシ
小比賀さくら – 永野芽郁
畠山雅治 – 中川大志
山本寛子- 今田美桜
根来恭介- 戸塚純貴
衛藤美咲 – 小野花梨
尾崎 – 谷口翔太
前田のおばちゃん – 濱田めぐみ
大村教授 – 野間口徹
小比賀幸子 – 新垣結衣

 

スポンサードサーチ

「親バカ青春白書」7話(最終回) あらすじ

小比賀家でのシェアハウス生活が続く中、美咲(小野花梨)がお酒の席でガタロー(ムロツヨシ)にキスしたことに衝撃を受けたさくら(永野芽郁)が豹変!日常生活に支障をきたすほどの動揺を覚えていた。

一方、さくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと思い込む鈍感なハタケ(中川大志)は、失恋の予感に心乱される。エスカレートする美咲の行動にもやもやを募らせるさくらだが、ついにガタローをめぐる水面下のバトルが勃発!友情に影がさす中、さくらの異変にいち早く気づいたガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京してくる。さくらは誰にも言えない胸の内を祖母に相談するが……。

一方、娘の心配をよそに順調に新作の打ち合わせを進めるガタローは、美咲に亡き妻・幸子(新垣結衣)とのある共通点を見つけていた……。男運のなさと向き合いながらもさくらに寄り添う寛子(今田美桜)、YouTuberとして一皮むけつつ美咲への想いを諦められない根来(戸塚純貴)と、青春の悩みがてんこ盛りの小比賀家。そんな中、多恵の話を聞いたさくらは、優しかった母・幸子の衝撃的な過去を聞き……。

(公式HP https://www.ntv.co.jp/oyabaka/)

ここからネタバレあらすじ

ガタロー(ムロツヨシ)の母・多恵(高畑淳子)は、さくら(永野芽郁)幸子(新垣結衣)美咲(小野花梨)の共通点を話す。

 

幸子と美咲は共に元ヤン。
ガタローと幸子は東大で出会った。
地元が一緒だということで仲良くなった2人が、幸子は実は高校時代はヤンキーだった。
東大に行けたのは、東大出身の元ヤン弁護士のおかげだという。(ドラゴン桜w)

 

多恵はさくらに、ガタローが大学に行きはじめたであろう理由も話す。
生前の幸子は、ガタローを大学卒業させられなかったことを後悔していた。(小説執筆のため中退)
ガタローはさくらと一緒に大学を卒業して幸子の願いを叶えようとしている。

 

一方、ハタケ(中川大志)は、さくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと思い込んでいた。
多恵から、さくらが悩んでいる本当の理由を聞いて誤解は解けた。
嫌われていなかったことに喜ぶハタケだったが、さくらが悩んでいた本当の理由に気づけなかったことを悔やむ。
そんなハタケを見てなぜか根来(戸塚純貴)がやる気を出した!

 

根来は動画を撮影しながら美咲に告白。
「美咲さん、僕とつき合ってください。お願いします」
「ごめんなさい」
もちろんフラれた。
「やっぱりフラれましたー」
フラれ動画の一環だと言う根来であった・・・。

 

多恵が帰った後も、さくらとハタケは仲直り。
「ごめんね、元気ないの気づけなくて」
「俺もごめん・・・さくらの気持ち気づけなくて」
仲直りしてキスしようするハタケだったが・・・いつもこのタイミングで邪魔しに来るガタローが来ない!
「そっか・・・好き同士だったらわたしが邪魔しちゃダメなんだよね」

 

その頃。
執筆活動中のガタローは美咲に抱きつかれていた。
「分かんない?」
「分かる・・けど、ダメだろ流石に」
「ガタローのことが・・・」
「そっか。でも、ごめん美咲。俺、ずっと好きな人がいるんだよね」

 

ガタローがずっと好きな人とは、亡くなった妻・幸子。
「もう、死んだんだよ。わたしは生きてるんだよ」
「それでも。ずっと好きなんだよね。なんだろうね。もういないのにね。・・・ありがとう美咲。すっごく嬉しい」

 

しばらく駄々をこねる美咲だったが、しばらくしてガタローから離れる。

 

「バーカ。もしかして本気にした?」
「え?ちょっとだけ」
「バカじゃないの?あんたの娘と同じ歳だよ。な訳ねーだろ」
「だな」
「な訳ねーだろ」

 

ガタローの部屋から出て行く美咲。
そこにはさくらの姿が!
さくらはさっきまでの会話をずっと聞いていた。

 

フラれた美咲にビールを差し出すさくら。
「ダサいな。わたし」
「そんなことないよ。わたしこそ、ダサいことばっかりしてごめんね」
泣木出すさくら。
絶対泣かない美咲。

 

後日。
さくらはご馳走を作る。
明日からみんな3年生に進学する。
美味しくご飯を食べておしまい。

 

スポンサードサーチ

「親バカ青春白書」7話(最終回) 感想・レビュー

納得の最終回だった(´・ω・`)
美咲の告白をしっかり受け止めるガタロー!
やるじゃん!

これが大学生同士だったら「冗談だよ」って言われて「マジかよw最悪w」で終わるでしょう。
それを「本気にした」って受け止めてあげるガタローの大きさ。
その上で、冗談じゃないことに気づいてるのに、傷つけないように乗ってあげる優しさ・・・。

ガタローの優しさがあってこそ、美咲は余計に「ダサいな。わたし」ってなったんだろうね。
切ないけど、数年後思い出したとき、いい相手を好きになったって気づくと思う🤔
引き合いに出して悪いけど、寛子の相手とか毎回クソだもんな😩
別れた後もしばらくして「何してる?」とか連絡してきそうなタイプw

でも最近の若い子って、フラれたら告白を無かったことにしがちなん?
根来も告白をユーチューブのネタで終わらせるしさぁ🙄
わたしはこのくらいの歳でもそういったことはしたことないので、ちょっと気持ちは分かんなかったです😩

最終回で1番おもしろかったのは、やっぱりガッキーのドラゴン桜ネタでしょ\(^o^)/
ガッキーがまさかの元ヤンってだけでも面白いのに、ドラコン桜までぶっこんで来るとはw

そういえばコンフィの映画でも長澤まさみがドラゴン桜ネタをぶっ混んでいたけど、2020年放送予定だった「ドラゴン桜2」への宣伝効果抜群(΄◉◞౪◟◉`)
日テレとフジ!!!!優しい!!!
だけどコロナのせいで「ドラゴン桜2」は放送延期なんですよね・・・まだ日程調整中らしいです。
ガッキーと長澤まさみのおかげでドラゴン桜を見たい欲は最高潮に高まってるので、日曜劇場さん早いことおねしゃすw

 

スポンサードサーチ

「親バカ青春白書」個人的評価&満足度

毎回恒例。ドラマ最終回を終えての満足度を書いておきます。
あくまで個人の意見です。

個人的満足度 100点満点中60点

ミスコン回が最悪で視聴やめようかと思ってましたが、結果的に最後まで見てよかったです。
まあ特に何かが起こるわけのドラマでもないので、見なくても別によかったんですけど・・・それは全ての日常ドラマに言えることなので大きな声では言わないでおこうw

どっちにしてもミスコン回で視聴をやめた人は多そうですね。
ツイッター見てもミスコン回を引きずっている人がチラホラいたし・・・。

確かにあの悪ノリはイライラしたんですよね😩
ギャグシーンを考えているのが監督なのか脚本さんなのかは分かりませんが、福田監督のシュールなギャグは好き嫌い分かれるので、仕方ないかもしれないですね🤔

ってことで、個人的満足度は半分より上の60点くらいで。
ギャグが面白かったら70点越してた😂