10の秘密4話ネタバレあらすじ感想!火事で亡くなった人の子供は翼(松村北斗)ってこと?5話あらすじも!

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

『10の秘密』4話を見たのでネタバレと感想を書く。

【ひみ10】感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

 

スポンサードサーチ

ドラマ『10の秘密』基本情報

2020年1月14日にスタートした関テレ制作の火曜ドラマ。
離婚を切り出された建設確認検査員の男性が1本の電話と娘の誘拐をきっかけに、関わりを持つ人間の“秘密”を否が応でも知ってしまう過程を描くサスペンスドラマ。
主演は向井理と仲間由紀恵が務める。

スッタフ・キャスト

脚本 – 後藤法子
音楽 – 林ゆうき、橘麻美
プロデューサー – 河西秀幸
主題歌 – 女王蜂 「BL」、 秋山黄色 「モノローグ」

白河圭太 – 向井理
仙台由貴子 – 仲間由紀恵
石川菜七子 – 仲里依紗
伊達翼 – 松村北斗(SixTONES / ジャニーズJr.)
白河瞳 – 山田杏奈
那須葵 – 堀田茜
宇都宮竜二 – 渡部篤郎
長沼豊 – 佐野史郎

 

スポンサードサーチ

ドラマ『10の秘密』4話 あらすじ

会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。

その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳(山田杏奈)は、翼(松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。

一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子(仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎)のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。

そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!?

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html)

ここからネタバレあらすじ

長沼(佐野史郎)は圭太(向井理)の脅迫に応じなかった。
とりあえず追い返して仲間由紀恵に連絡する長沼。
圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、由貴子(仲間由紀恵)と出くわす。
仲間由紀恵に言いくるめられて仲良くお茶を飲む名取裕子だったが、実は騙されたフリをしていただけだった。

 

2人で話すことになった向井理と仲間由紀恵。
向井理は娘を誘拐した犯人が仲間由紀恵だと気がつく。

 

あの日、瞳(山田杏奈)は仲間由紀恵に相談があると連絡していた。
そんな瞳に「お母さんの知り合いだ」という人物が近づく。
その人物が誘拐犯だった。
瞳は気づいていないようだが、どう考えても誘拐犯と仲間由紀恵はグルダ。

 

「母親が誘拐犯だと言える?」
開き直る仲間由紀恵。
さらに仲間由紀恵は向井理を煽る。
「娘が悩んでいることにも気づいていない馬鹿な父親を利用しようと決めた」

 

仲間由紀恵は瞳から相談を受けていた。
一緒に住んでいる向井理は瞳が悩んでいることに気づいていない。
そんなマヌケな父親だからこそ利用しようと決めた。
仲間由紀恵は自殺した矢吹(中林大樹)が隠したデータを手に入れるため、手下に瞳を誘拐させ、向井理を操ったのだった。

仲間由紀恵は向井理に矢吹から手に入れたデータを消すように命じる。
その代わりに長沼から300万が渡るように手配すると言うが・・・向井理は激怒!
仲間由紀恵に手をあげようとする。
そこへタイミングよく帰宅した瞳。
母親を殴ろうとしている父親を見てショックを受ける。
父親を軽蔑する瞳。

 

仲間由紀恵は向井理をかばいつつ娘を愛している母親を振る舞う。

 

父親と喧嘩中の瞳は火事について探る。
翼(松村北斗)から連絡が入る。
翼が10年前の火事について調べてくれていた。
現場へ確かめに行こうとする瞳を呼び止める向井理。

 

向井理は瞳に隠していることがあると打ち明ける。
10年前の火事では亡くなった人がいた。
向井理は罪滅ぼしとして亡くなった人の子どもに毎月お金を送っていた・・・。
真実を知った瞳は自分のせいで人が死んだことにショックを受ける。

 

さらに瞳は、向井理が仲間由紀恵と話していた内容も隠しているのではないかと疑う。
それについては話さない向井理・・・。

 

そして仲間由紀恵は長沼(佐野史郎)に電話。
向井理には弱味があるのでもう大丈夫だと話す・・・。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『10の秘密』4話 感想・考察

「名取裕子さん簡単に騙されてるやん」って思ってたら騙されてたフリだったw
やはり一筋縄ではいかない人だった。さすが名取裕子さん😂

で、やっぱり10年前の火事では死人が出ていたみたいです。
向井理がお金を送っている火事の被害者の子どもはおそらく翼くんでしょうね(΄◉◞౪◟◉`)
・・・ドロドロしてておもしろくなってきた🤔

ベタベタで読めるっちゃ読めるストーリーなんだけど、こういう昼ドラみたいな展開は好き。
今期はデジャブを感じるほどに医療ドラマが多いのでこのドラマはある意味新鮮な気持ちで見れるw

それにしても仲間由紀恵のキャラはつかみどころがなくて何を考えてるのか全く分かんないな🤗
向井理と娘を利用しているようだけどマジで娘に愛情ないの?
冷徹人間の仲間由紀恵さんは嫌いじゃないけど、このドラマでは母性が残っていて欲しい(´・ω・`)

そんな感じで『10の秘密』なんだかんだ楽しんで見てます。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『10の秘密』5話 あらすじ

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――!

瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html)