G線上のあなたと私5話ネタバレ感想!結婚とは何なのか、婚活とは何なのか?クズ男の描写がリアルw6話あらすじも!

 

成瀬
『G線上のあなたと私』5話を見たので感想を書く。

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『G線上のあなたと私』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『G線上のあなたと私』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

ドラマ『G線上のあなたと私』感想一覧
1話  2話  3話  4話感想  5話  6話  7話  8話  9話  10話(最終回)
 

スポンサードサーチ

ドラマ『G線上のあなたと私』基本情報

2019年10月期のTBS系「火曜ドラマ」。10月15日に放送スタートした。
『あなたのことはそれほど』に続く、いくえみ綾原作、波瑠主演の連続ドラマ作品である。
世代を超えた友情、そして恋愛を描く。

created by Rinker
¥1,867 (2020/09/20 18:01:27時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます!

 スタッフ・キャスト

原作 – いくえみ綾 「G線上のあなたと私」
脚本 – 安達奈緒子
演出 – 金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
プロデューサー – 佐藤敦司
音楽 – 末廣健一郎、MAYUKO
主題歌 – 緑黄色社会「sabotage」

小暮也映子 – 波瑠
加瀬理人 – 中川大志
北河幸恵 – 松下由樹
久住眞於 – 桜井ユキ
庄野真盛 – 永野宗典
加瀬侑人 – 鈴木伸之
加瀬芙美 – 滝沢カレン
加瀬敏美 – 長野里美
加瀬良太郎 – 信太昌之
北河多実 – 矢崎由紗
北河弘章 – 小木博明
北河由実子 – 夏樹陽子
渡辺晴香 – 真魚
村野智史 – 森岡龍
清水結愛 – 小西はる
小暮洋子 – 池谷のぶえ
小暮健治 – 日野陽仁
コーちゃん – きづき

 

スポンサードサーチ

ドラマ『G線上のあなたと私』5話あらすじ

就活に加え、婚活をはじめた矢先、元婚約者の智史(森岡龍)と偶然再会した也映子(波瑠)。智史の近況を聞き、懐かしい気持ちになった也映子だが、なぜか頭には理人(中川大志)の姿がチラつき戸惑ってしまう。

そんな中、也映子は参加した婚活パーティーで地味だが温和で誠実そうな白鳥敬一(えなりかずき)とカップル成立。白鳥の人柄に好感を持つ也映子だが、白鳥といるときの自分にどこか腑に落ちないものを感じていた・・・。

一方、姑・由実子(夏樹陽子)のリハビリに付き添うため、バイオリン教室を退会していた幸恵(松下由樹)からバイオリンの練習会に誘われた也映子と理人。しかし、久しぶりに3人で集まれると大喜びの也映子の元に、突然白鳥からデートの誘いが舞い込む。幸恵の後押しもあり白鳥とのデートに向かった也映子だが、理人はそんな也映子の行動が気に入らない様子で――。
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/gsenjou/)

ここからネタバレあらすじ

たまたま会った也映子(波瑠)から、理人(中川大志)が眞於(桜井ユキ)と会っていると聞いた侑人(鈴木伸之)は、理人を呼び出す。

 

眞於は局所性ジストニアという手が動かなくなる症状に悩まされていた。
理人の大学のゼミの先生が有名な人だった。
理人はその相談のために眞於と会っていた。そして先生を眞於に紹介。

 

それを聞いた侑人は、眞於の病気を知らなかったとなぜか不機嫌。
「大事なことはいつも言わない」と眞於を責める。

 

「やっぱり俺と眞於は結婚しなくてよかったんだよ。だって結婚ってそういうことじゃねえもん」
「だったら結婚しようなんて言うなよ。」

 

本当にそれ。

 

一方、也映子は婚活パーティーで、えなりかずきといい感じになっていた。

 

そんな也映子と理人に、幸恵(松下由樹)から連絡が入る。
渾身的に介護をしてくれる幸恵に感謝を示した姑が、バイオリン教室に行ってもいいと言ってくれたのだ。

 

早速、3人はカラオケボックスに久々に集まる。
しかし、也映子はえなりかずきからデートに誘われていた。
それを知った幸恵は也映子を後押し。

 

也映子はえなりとのデートに行くことになった。
理人は不機嫌そう。

 

えなりくんとデートをする也映子。
しかし、えなりから結婚した後のビジョンを聞かされた也映子は、少し引いてしまう。
そしてなぜか理人のバイト先で飲むことになった也映子はえなり。
バイト中の理人と鉢合わせてしまって少し気まづい。

 

デート後、也映子は理人を呼び出す。
也映子はえなりとのデートを「時間の無駄だった」と言う。
幸恵と理人と一緒にいればよかったと後悔する。
そしてそう思ってしまう自分を最低でえなりに失礼だと自己嫌悪。

 

「時間の無駄」というワードは理人が眞於に言われた言葉でもある。

 

だが也映子は「でもね、眞於先生は違うよ。
わたしの今日の時間を無駄にしたっていう気持ちはものすごく失礼だけど
先生の”時間を無駄にします”っていうのはそれは優しさだよ。
理人くんの大切な時間を無駄にして欲しくないってことだよ。」と言う。

 

時間は限られている。大切な時間を誰に使いたいかということだ。

 

「考えてみて?今まで自分が誰のために時間を割いてきたのか。
それか、意識してなくても一緒に時間を過ごしてしまうのは誰なのか。
きっと、そういう誰かがさ、本当に大事な人なんだよ。きっと
時間なんだよ。幸恵さんだって言ってた。
だからわたしが今日、一緒に過ごしたかったのは間違いなく幸恵さんと理人くんです。
あの人じゃなかった」

 

かわいそうなえなりくん。
でも仕方ない。

 

それから也映子は、いかにえなりくんが嫌だったか語り出す。
会って2回目で新居リストを渡されて怖かった、さらに生理的に無理だと言い出した。
そしてえなりくんへ新居リストを返しに行くことにした也映子。

 

酔っ払った勢いで断るのはズルいと言う理人。
とりあえず後日、お断りすることになったのだが、也映子はナイーブになっている。

 

「なんで結婚したいなんて思ったんだろう」

 

理人はそこが問題だと言う。

 

「相手もいないのに相手見つけてから思えよ。
この人と、結婚したいって。前だってそう思ったから婚約したんだろ?
で、そういうやつが見つからないなら、いいんじゃね?もう、結婚なんてしなくたって。」

 

理人の言葉で吹っ切れた也映子。
バイオリンを弾きたかったと叫ぶ!

スポンサードサーチ

『G線上のあなたと私』5話 感想・レビュー

5話では幸恵さんと鬼姑・由実子(夏樹陽子)のやり取りで心温まった。

渾身的に介護をしてくれる幸恵に感謝した義母さんが、「たまにはバイオリン教室に行ってきていい」と言ってくれて涙。
「幸恵さんよかったね」と、とても嬉しい気持ちになった。

義母さんの気持ちは立場的にまだ全然分かんないけど、それでも幸恵さんがいい嫁だってことは分かる。
あの鬼姑が幸恵さんの素晴らしさに気づいてくれてよかったです😭

結婚とは何なのか。婚活とは何なのか考えさえられた。

「相手もいないのに相手見つけてから思えよ。
この人と、結婚したいって。前だってそう思ったから婚約したんだろ?
で、そういうやつが見つからないなら、いいんじゃね?もう、結婚なんてしなくたって。」

それな・・・・🙄
理人くん、まじで20歳の大学生なのか。

本来、結婚とは「この人と結婚したい」と思える人を見つけてするものなのかもしれない。
わたし婚活はしたことないんですけど、婚活サイトとかってえなりくんの役の人みたいな人が多いんだろうな・・・。

最近、『美人が婚活してみたら』っていう映画を見たんですけど、婚活してる男の大半がえなりくんの役みたいな人でした。
婚活ってマジで闇だな😂
ちなみにこの映画は中村倫也がえなり的なポジでとってもファンタジーだったw

つまり何が言いたいかと言うとわたしも理人くんと全く同じ意見です!!!!

かと言って一生1人で生きて行く覚悟も持てないのがアラサー独身女子の心境なんだよね(΄◉◞౪◟◉`)
“そういうやつ”が見つからないことがどれだけ地獄なことか!
さらに、”そういうやつ”に婚約破棄された也映子は地獄🙄

クソ男の描写がリアル

クソ男たちの描写がリアルすぎて殺意が湧いてくる。

也映子は、元婚約者のことを
「一度結婚しようと思えた人って結局、嫌いになれないんだな。」
と言ってましたが、わたしはフツーに嫌いだわ🤗

「どの面下げて飯誘ってきたんだよ」とテレビ画面を叩き割りたかった。
普通にランチするだけではなく、不幸自慢までしてきやがった。
「大変だったね」とは思うし因果応報とまでは思いませんが、どう考えても也映子にする話ではないよね!

也映子の対応も本当に大人。
わたしなら「ざまあww」くらい言ってしまいそう。

そんでクズ兄貴の方もイラついたな〜。

「やっぱり俺と眞於は結婚しなくてよかったんだよ。だって結婚ってそういうことじゃねえもん」には呆れた。
理人くんが「だったら結婚しようなんて言うな」と言ってくれたのでなんとかテレビ画面を叩き割らずに済みました。

そんな感じでこのドラマはクズ男の描写がリアルだね!
わたしもクズ男に引っかかったことがあるんですけど、行動が本当にこんな感じなんですよ。

「お前がよく言えたな」と思うことでも言えちゃうのはモラルを持ち合わせてないからです。
そういうことが分かる人なら初めから浮気や婚約破棄はしないですからねぇ!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『G線上のあなたと私』6話あらすじ

婚活パーティーで白鳥(えなりかずき)とカップルになったものの、白鳥のアプローチを受け入れられなかった也映子(波瑠)は交際を断り、婚活サイトも退会する。
気分を新たに、理人(中川大志)とコンサートの計画を立てていると、理人に好意を寄せる結愛(小西はる)が現れる。
理人にバイオリンを教わり、嬉しそうな笑顔を見せる結愛。
そんな2人の楽しそうなやりとりに居心地の悪さを感じ、也映子はカラオケを飛び出してしまう。

理人は、兄・侑人(鈴木伸之)が眞於(桜井ユキ)と密会していたことを知り、激怒する。
しかしそんな理人の態度に、侑人の心境にも変化が……。
そして、也映子、理人、幸恵の3人が久しぶりに揃っての合同練習の日。
久しぶりの集合に喜ぶ也映子だったが、理人のある一言でひどく傷つき、気まずくなってしまう。
そんな中、ある日並木楽器店で也映子と理人は偶然遭遇して――。
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/gsenjou/)

成瀬
侑人(鈴木伸之)が眞於(桜井ユキ)と密会!?!?
画面を叩き割らないように注意して視聴しますw