M 愛すべき人がいて6話ネタバレあらすじ感想!マサのキザなセリフに爆笑w7話(最終回)あらすじも!

成瀬

遅れましたが、「M 愛すべき人がいて」6話を見たのでネタバレと感想を書く。

【M 愛すべき人がいて】感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話(最終回)

 

スポンサードサーチ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」基本情報

ノンフィクション作家小松成美による「事実を基にした」フィクション小説「M 愛すべき人がいて」をドラマ化。
歌手・浜崎あゆみのデビュー秘話とデビューのきっかけをもたらしたエイベックス株式会社代表取締役会長CEO・松浦勝人(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを描く!

 

スッタフ・キャスト

原作 – 小松成美
企画 – 藤田晋(ABEMA)
脚本 – 鈴木おさむ
演出 – 木下高男、麻生学
主題歌 – 「M」 浜崎あゆみ

アユ – 安斉かれん
マサ – 三浦翔平
大浜 – 高嶋政伸
姫野礼香 – 田中みな実
流川翔 – 白濱亜嵐
玉木理沙 – 久保田紗友
野島美香 – 河北麻友子
吉田明日香 – 田中道子
輝楽天明 – 新納慎也
幸子 – 市毛良枝
西谷真理 – 傳彩夏
椎名里美 – 上野なつひ
佐山尚樹 – 水江建太
OTF(Over The Fact) – Hina(FAKY)、和田颯(Da-iCE)
USG – lol(佐藤友祐、小宮山直人、moca、hibiki、honoka)
冴木真希 – Yupi’n

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」6話 あらすじ

アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たした平成の歌姫・アユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。そんな二人を横目に、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた二人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。
裏で礼香と大浜の策略が進んでいるとは知らないマサは、自宅をリフォームし、アユを呼び寄せる。アユの部屋、ドレスルーム、簡単なレコーディングまでできる音楽スペースなどを備えた夢のような家で、一緒に暮らし始めた二人は、満ち足りた毎日を送っていた。分刻みのスケジュールに追われながらも、アユが手料理を振る舞ったり、マサが曲作りのすべてを教えるなど、まさに幸せの絶頂――。

一方、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)は、大浜からAxelsの解散を宣告される。悲しみに打ちひしがれながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーだが、その夜、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り…。責任を感じ、すっかり落ち込んでしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。しかし、マサは流川の辞表を破り捨て、「逃げてんじゃねぇよ!」と一蹴。メンバーが次の道に進むまできちんと向き合うよう説得する。

そんなある夜、アユとマサが帰宅すると…誰もいないはずの家になぜか礼香が! あまりの衝撃に驚きを隠せない二人に、礼香は常軌を逸した行動を始め…?
結託した礼香と大浜によって窮地に追い込まれていくアユとマサ、二人の運命は――?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/story/0001/)

ここからネタバレあらすじ

アユ(安斉かれん)はどんどん売れっ子になっていく。
バカにしていた水島(大鶴義丹)も手のひら返し。
天馬まゆみ(水野美紀)もお祝いの手紙をくれた。

 

そんなアユは私生活でもマサ(三浦翔平)とラブラブ同棲して絶好調だった。
家賃500万の高層マンションで、マサのサクセスストーリーを聞いてウットリ♡

 

一方、理沙(久保田紗友)はAXELSが解散したショックから自殺未遂する。
流川(白浜亜蓮)は責任を取って会社を辞めようとするが、マサに止められてマサの右腕に復帰。
そして流川は理沙にプロポーズし理沙の人生の責任を取る。

 

その後、アユはさらに売れまくる。
ミリオン突破を達成し、紅白出場、CD大賞受賞。
カリスマプロデューサーの輝星からも褒められた。

 

ある日、アユがグラサンをかけて帰宅。
ファンと目を合わせるのが怖いのだと言う。
ファンが求めるアユと本当の自分は違う・・・。
マサはアユを海に行こうと誘う。
クルージングで夜景を見る2人。

 

「こうして海を見ていると自分がどれだけ小さいかわかるよ」
「そんなことはない。マサは海よりも大きい。マサはみんなの真ん中にいるんだよ。マサが真ん中でいて世の中が回ってるの」
「俺が真ん中ならお前はどこにいる?」
「アユはマサの隣にいる」
しかしまさは星を指差す。
「お前はあそこだ。お前は虹を渡ってみんなの上で輝くあの星になるんだ。もっともっと輝いてみんなを照らせ」
「わかった。アユ、マサの上でもっと輝く」
そしてマサはアユに指輪をプレゼント。

 

「アユ星になる」
ちょうどよく流れる流れ星w

 

帰宅すると、消したはずの電気がついていた。
礼香(田中みな実)が登場!
今日は礼香の誕生日らしい。
マサに祝って欲しいがためにやってきた礼香。

 

不法侵入した礼香に、もしアユに手を出したら許さないと言うマサ。
礼香はすでにマサを許していない。
許さないVS許さないどっちが勝つのか?
宣戦布告した礼香は自分のためにハッピーバスデイを熱唱新柄帰っていく・・・。

 

後日。A VICTORYの会議。
大浜社長はアユの売り上げを褒め称え、マサを絶賛。
「ただ問題があります」
アユを狙っている週刊誌がいると言う大浜。
そしてアユが家から出てくる写真を見せる。
隣にはマサもバッチリ写っている。

 

「君は付き合っているのか?アユと」
「はい」
「解雇する!!!!」

 

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」6話 感想・レビュー

6話も笑った(΄◉◞౪◟◉`)

田中みな実さんの怪演はもちろんマサのクソダサい自分語りが最高www

「お前は虹を渡ってみんなの上で輝くあの星になるんだ。もっともっと輝いてみんなを照らせ」
とかキザすぎて吹き出しそうだった😂

しかも星になるとか連呼するもんだから”死”をイメージするよね(´・ω・`)
ツッコミを入れざるえなかたwwww

流川が理沙にプロポーズ

私が推してた理沙が闇落ちして自殺未遂😭😭😭

枕営業までしたのにアユに敗北。
腹いせにアユの髪を燃やそうとしたらスゴイ勢いでキレられて(この時のかれんちゃんは棒じゃなかったw)、挙げ句の果てにはAxelsは解散。
闇落ちの要素しかなかったけど、やっぱり闇落ちした😢

闇落ち後は一命を取り留めて流川に結婚を申し込めれたわけだけど、これって理沙にとってハッピーエンドなんかな?
わたし的にはAxelsが解散してもアユに闘志燃やして頑張って欲しかったんだけどな・・・🙄

オッサンと枕営業までするくらいだし相当勝ちたかったはずだよ?
本当に、理沙はそれでいいの????
時代的に結婚したらソロで再デビューとかは難しいはず😭

でもまあ、白濱亜嵐フェイスのイケメンと結婚できたんだから喜ぶべきことだよね!
素直に推しの結婚を喜びますw

でもやっぱり理沙はただのヒール役(しかも小物)だったな・・・。
久保田紗友ちゃん好きだし強気な女の子好きなので推してましたが、理沙が何をしたかったのかよく分からなかったよ。
意地悪な女の子が心に抱えている闇とかもっと知りたかったな〜(´・ω・`)
そんなバックグラウンドはこのギャグドラマには期待しちゃダメか🙄

ところで。理沙にキレてるアユのシーンの安斉かれんちゃん。
今までで1番演技をうまく感じたwww
かれんちゃんキレる演技うまいねwww
もしかして元ヤンかな?\(^o^)/

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」7話(最終回) あらすじ

A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いだと発言。本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。マサはアユのことを会社全体で守ることを条件に、このプロジェクトを引き受けることを決意する。

一緒に仕事ができなくなるのではないかと不安になるアユ…。マサは「俺はお前でお前は俺だ」とアユを抱きしめ、これまでに教えた曲作りの知識を生かして、自分がいなくても周りにどんどん意見を言うようアドバイスする。
いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待…と、マサは酒を飲んで朝帰りする日々が続く。一方アユは、マサの右腕として復活した流川翔(白濱亜嵐)のサポートで、どんどん新しいことにチャレンジし、次々とヒットを飛ばしていく。すれ違う日々の中でも、お互いを信じ、思い合う2人だが…。
久しぶりに時間が作れそうなマサとランチデートの約束をし、ウキウキするアユ。しかし、そのデートは叶わず…、謝るマサにアユは涙ながらにこれまで我慢してきた不安やいら立ちをぶつけてしまう。“仕事”のために、少しずつ引き離されていく2人――。

そんなある日、礼香(田中みな実)の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、ある決意を固めて…。自分の気持ちを押し殺し、悲しいシナリオを描き始めるマサ。そして、そんなマサの行動を目の当たりにしたアユが、ショックのあまり姿を消してしまい…?
その後、恩師の天馬まゆみ(水野美紀)、マサが見守る中、アユはステージへ――。さらに、アユもまたマサに最後のラブレターを送ろうと決意していて…?

アユとマサ、2人が下す決断は…?
そして神に選ばれた歌姫・アユの運命は――?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/story/0001/)