SPドラマ【黒革の手帖〜拐帯行〜】 ネタバレあらすじ感想!渡部篤郎と中村ゆりかがチョロすぎる!武井咲の美しさで全てカバー

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

SPドラマ【黒革の手帖〜拐帯行〜】を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みた人は目次から飛んでください☆

スポンサードサーチ

SPドラマ【黒革の手帖〜拐帯行〜】 基本情報

松本清張の同名小説を原作にドラマ化された2017年の武井咲主演連続ドラマのスペシャル版。
松本清張の短編小説「拐帯行」を下敷きとしている。
2018年3月に第1子を出産した武井咲の復帰作となる。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 松本清張『拐帯行』
脚本 – 浅野妙子
監督 – 片山修
主題歌 – 福山雅治「聖域」

原口元子 – 武井咲
神代周吾 – 渡部篤郎
森村隆志 – 毎熊克哉
板橋レイナ – 安達祐実
佐藤良樹 – 風間杜夫
山田波子 – 仲里依紗
中岡市子 – 高畑淳子
橋田常雄 – 高嶋政伸

 

スポンサードサーチ

SPドラマ【黒革の手帖〜拐帯行〜】 あらすじ

3年前、横領と恐喝の容疑で逮捕され、その後実刑判決を受けた原口元子(武井咲)。刑期を終え、出所した後、スーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く『楢林クリニック』の看護師長・中岡市子(高畑淳子)と遭遇してしまい、過去を明かされてしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。

このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した『上星ゼミナール』の理事長で、元子とも因縁の深い橋田常雄(高嶋政伸)を伝い、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ『アルテローズ』でホステスとして働き始める。

天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることになった元子。それまで『アルテローズ』でママを務めていた板橋レイナ(安達祐実)はもちろん怒り心頭。さらには銀座時代のライバルでもある山田波子(仲里依紗)までも現れて…。

そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊克哉)という男が『アルテローズ』にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐したい、という森村。
顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と尋ね…?
その後、ある事件をきっかけに逃避行を余儀なくされた元子と森村。死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館での佐藤良樹(風間杜夫)とその妻との出会いによって、元子の人生は再び大きく動き始める!

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/kurokawanotecho/story/special/)

ここからネタバレあらすじ

高級クラブ『アルテローズ』ですぐにナンバーワンとなり、ママになった元子(武井咲)
嫉妬に狂った元ママ・レイナ(安達祐実)と邪魔しにやってきた銀座時代のライバル・山田波子(仲里依紗)にも一瞬で勝利。

 

そんな中、森村隆志(毎熊克哉)という男が神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を訪ねてくる。
森村の両親が営む店は、神代の汚いやり方で廃業し土地を取り上げられた。
森村はなんとかお金を捻出し、神代に土地を譲って欲しいと頼みにきたのだ。

 

そんな森村を追い返す神代。
元子は森村の姿を自分の過去と重ねる。
元子の父親も借金を苦に自殺している。

 

入院していた森村の母親は死亡。
森村は再就職先を探す。
職探し中、神代グループの経理部で契約社員を募集していることが分かった。
森村は神代への仕返しを思いつく。

 

神代グループ経理部の契約社員として働くことになった森村は、部長のPCから顧客データを入手。
データを闇業者に転売する。
データが流出したことはいずれマスコミにバレるだろう。
そしたら会社の株価は下がって神代は大損を食らう。

 

森村はデータを転売したお金でアルテローズへ飲みに行く。
1番高い酒を注文。
「いいんですか?その程度の復讐で。もっと痛めつけてやらないと」

 

元子は森村と組むことにした。
神城に若い愛人がいることを突き止めた元子。
愛人は神代にレストラン経営がしたいとねだっていた。

 

2人は愛人に地面師詐欺を仕掛けた。
森村が不動産屋に、元子が土地のオーナーになりすます。
愛人はまんまと元子に騙され3億円を支払った。

 

騙された愛人は神代に報告。
実は神代が愛人に貢いだ3億円は税金対策のためにマネーロンダリングしたものだった。
神代は地面師が元子だとすぐに分かった。
警察に通報すると元子に話すが、マネーロンダリングのことがバレているので手出しできない。

 

そんな時、橋田(高嶋政伸)が開店前のアルテローズにやってきた。
元子に乱暴しようとする橋田・・・。
まるで話が通じない。
そこへ現れたのが森村!

 

森村は橋田の頭部を殴打する。
橋田は意識を失い倒れる。
元子と森村は2人で逃亡。
3億円は持っているのでとりあえずお高い宿に泊まることにした。

 

そこで見た新聞で森村は、橋田が亡くなったことを知る。
殺人犯となってしまったことを苦にして、自殺を考える森村。
元子は自殺を止めるように説得するが、そこへ仲の良さそうな老夫婦が通りかかった。
老夫婦と話しているうちに森村は自殺を中断。
老夫婦はをフレンドリーな性格で、2人は食事に誘われる。

 

老夫婦は自営業で町工場を営んでいた。
吹けば飛ぶような小さな町工場でお金には苦労した。
だけどなんとかやってこれた。
一人息子は医学部に通っているらしい。
2人の話を聞いて森村は自分の両親を思い出す。

 

次の日。
2人が泊まっている宿に警察がやってきた。
逃亡する2人。
森村はまたもや崖に行き、飛び降りようとする。

 

「私は死なない。死にたいなら勝手に死ねば」
「また刑務所に戻ってやり直すのか?死ぬならそっちがマシだってなんで思える?」

 

元子は自殺した父親の死顔を見たとき、死んだら負けだと思った。
自分は絶対に父親のようにはならない。

 

「父が金に負けたなら、私は勝ってやるって決めたの。
何度捕まって刑務所に入ったって最後には勝つ。あなたは負けてもいいの?」

 

元子に差し出された手を掴む森村。
2人が旅館に戻ると老夫婦の夫・佐藤良樹(風間杜夫)が逮捕されていた。
橋田を殺害したのは老夫婦だった!!!!

 

老夫婦は息子を医大に行かせたくて橋田に裏口入学の斡旋を依頼。
老夫婦はお金持ちではなかったが、なんとか800万円を捻出し橋田に支払った。
しかし息子は医大に落ちた。
あとで分かったことだが、息子と同姓同名の生徒がいて受験生の取り違いが起こったらしい。

 

息子は医大に落ちたショックで引きこもりになり、両親に暴力を振るうようになった。
老後の蓄えもないし、息子は引きこもっている。
人生お先真っ暗。
老父婦は一家心中を思いつく。
しかし死ぬ前、橋田から800万円を返してもらおうと思い立つ。

 

「そんな金もらった覚えないですよ」
橋田にそう言い放たれ頭にきた佐藤は橋田の殺害を思いつき、橋田の頭をビンで殴打。
それが橋田がアルテローズから出てきた直後のことだった。

 

佐藤の逮捕で助かった元子と森村。
森村は神代からだまし取ったお金で喫茶店をはじめることにした。
元子とはあれから会っていない。
街で元子のような女性を見かけた森村は話しかける・・・が、別人。

 

元子は橋田の葬式で神代に再会。
「神代さん、私に出資ませんか?おかげさまで今度銀座にお店をオープンするんです」

 

 

スポンサードサーチ

SPドラマ【黒革の手帖〜拐帯行〜】 感想・レビュー

このドラマは連ドラ放送中から雰囲気が好きだったんですよね。
ありえないことだらけだけど勢いで押し切れているし、武井咲ちゃんの悪女っぷりが気持ちいい。
米倉涼子版も面白かったですが、こっちも大好きです😌

そんな「黒革の手帖」を3年ぶりに見れて眼福でした!
武井咲ちゃんめちゃくちゃ可愛かった!大満足!

けど、高嶋政伸がスペシャル版で死ぬとはねwww
たしかに憎い奴だったけど、死ぬのは流石に可哀想😩
しかも2回も殴られるなんて・・・・🙄

犯人の佐藤さんは可哀想だったけど、息子を裏口入学させようとしてたんだから100パーセントの被害者でもないよね。
息子も絵に描いたようなバカ息子だったしw
金積んで裏口入学できたとしても医師国家試験で躓きそう。

渡部篤郎と愛人・中村ゆりかもチョロかったな〜😂
トントン拍子で騙されててびっくりしたw
というか、神代ってどんだけ金持ちなん。
愛人に3億の物件を買ってやるのは異次元(΄◉◞౪◟◉`)

3億も引っ張れるのにお店開きたい愛人も謎の向上心持ってるよね〜。
簡単に騙されるバカなのにさ😂
あの子が店開いたところで3億以上の売り上げ出せると思えないんだけど🤔

色々びっくりすることだからけでしたが、武井咲の美しさで乗り切れた😳
27歳であの貫禄・・・・ため息出る(´・ω・`)

ってことで、新年から武井咲ちゃんの美しさを拝めて眼福でした!
子育てで大変そうですが、また連ドラにも出て欲しいな〜😌